長崎抜天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長崎 抜天
Batten Nagasaki
生誕 1904年4月1日
日本の旗 日本 東京市芝区新橋
(現在の東京都港区新橋)
死没 (1981-01-03) 1981年1月3日(76歳没)
東京都
職業 漫画家

長崎 抜天(ながさき ばってん[1]1904年4月1日 - 1981年1月3日)は、日本の漫画家である。戦後、ラジオの人気番組『とんち教室』(NHK)でのレギュラー出演で広く知られる[2]。本名は繁吉(-しげきち)[3]

人物・来歴[編集]

1904年(明治37年)4月1日東京市芝区新橋(現在の東京都港区新橋)に長崎繁吉として生まれる[3]。「日本近代漫画の祖」と呼ばれる北澤楽天に師事した[2]

1924年(大正13年)、20歳のころ、日刊新聞「時事新報」(福澤諭吉創刊)に「漫画記者」として入社した[2]。子ども向けの漫画『ピー坊物語』や『ソコヌケドンチャン』を連載した[3]

1949年(昭和24年)1月、NHKラジオで『とんち教室』が放送開始、1969年(昭和44年)の放送終了まで、「長崎生徒」としてレギュラー出演をした[2][4]。また1954年(昭和29年)に同番組に取材したコメディ映画『爆笑天国とんち教室』(監督渡辺邦男)を東映東京撮影所が製作、柔道家石黒敬七らレギュラー陣とともに出演した[5]

1954年12月14日、「ゆうもあくらぶ」の設立に参加、賛同者は徳川夢声、石黒敬七、石田博英江崎真澄水谷八重子春風亭柳橋高橋掬太郎宮田重雄田河水泡田村泰次郎昔々亭桃太郎榎本健一松田トシ並木一路松内則三古賀政男内海突破ら47人。同日日比谷公会堂で発会式を行った。長崎はのちに同クラブの理事長を歴任した。

1966年(昭和41年)、永年の『とんち教室』出演の功[6]とラジオ番組『喫煙室』の台本等[2]で、第17回「NHK放送文化賞」(昭和40年度)を受賞した[2]

1981年(昭和56年)1月3日に死去[2]。満76歳没。

おもなビブリオグラフィ[編集]

  • 『ひとり娘のひね子さん』(『時事新報』連載、1924年 - 1925年)
  • 『ピー坊物語』(『時事新報』)
  • 『底抜けドンちゃん』(『ソコヌケドンチャン』、『時事新報』)
  • 『ケン六マンガ日記』(『少國民の友』、小学館
  • 『ハテナの半ちゃん』(『少國民の友』、小学館)
  • マメ子ハト坊』(東京漫画出版社、1950年)
  • 『絵本明治風物詩』、東京書房社、1971年
  • 北沢楽天『楽天漫画集大成』、北沢楽天顕彰会、1973年 - 1976年 - 編集

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ ぬきてん、は間違い
  2. ^ a b c d e f g 京都国際マンガミュージアム公式サイト内の「『ひとり娘のひね子さん』が記録した世界展」の項の記述を参照。
  3. ^ a b c コトバンクサイト内の記事「長崎抜天」の記述を参照。
  4. ^ とんち教室」の項の記述を参照。
  5. ^ #外部リンクキネマ旬報映画データベース「とんち教室」の項を参照。
  6. ^ 日本放送協会公式サイト内の「放送文化賞」の項の記述を参照。

外部リンク[編集]