長崎市立池島小中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長崎市立池島小学校から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
長崎市立池島小中学校
Ikeshima elementary school.jpg
過去の名称 外海村立神浦小中学校池島分校
外海村立池島小中学校
外海町立池島小中学校
国公私立 公立学校
設置者 長崎市
設立年月日 1959年昭和34年)4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 857-0071
長崎県長崎市池島町1522番地
外部リンク 長崎市立池島小中学校
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

長崎市立池島小中学校(ながさきしりつ いけしましょうちゅうがっこう)は、長崎県長崎市池島町にある公立小学校中学校併設校である。

概要[編集]

外海村立神浦小学校と外海村立神浦中学校の分校として設立され、1959年昭和34年)に分離した。分離当初は小・中併設校だったが、池島炭鉱の隆盛により児童・生徒数が増加したため、1965年(昭和40年)には併設を解消した。しかし、池島炭鉱の閉山や過疎化少子化に伴い児童・生徒数は次第に減少したことから、2006年平成18年)に再び併設校となった。

教育目標として、「心身ともに健康で、ねばり強く生活する児童生徒の育成」を標榜している。

長崎市池島町(池島)の全域を校区としている[1]

校歌は、1961年(昭和36年)に制定された。歌詞は公募によるもの、作曲は国立音楽学校教授の小山章三によるものである。小学校と中学校が併設していなかった時期があるため、小・中学校それぞれの歌詞がある。

2016年現在、在籍児童数は1名のみ[2]

沿革[編集]

分校時代
独立
  • 1959年(昭和34年)
    • 4月1日 - 外海村立神浦小学校・中学校から分離し、「外海村立池島小中学校」(併設校)として設立される。学級編制は各学年1学級あり、計9学級であった。
    • 4月18日 - 新校舎が完成する。
    • 6月13日 - 開校式を挙行する。
    • 9月10日 - 運動場が完成する。
  • 1960年(昭和35年)
    • 4月6日 - 校章の制定に伴い、帽章・バッジの使用を開始する。
    • 5月3日 - 外海村の町制施行に伴い、外海町立池島小中学校に改称する。
    • 7月6日 - 校旗を制定する。
    • 8月29日 - 西側校舎(6教室)が完成する。
  • 1961年(昭和36年)
  • 1963年(昭和38年)6月13日 - 東側校舎(6教室)が完成する。
  • 1964年(昭和39年)
  • 1965年(昭和40年)
    • 4月1日 - 小中学校が分離し、外海町立池島小学校および外海町立池島中学校となる。
    • 5月31日 - 中学校校舎が完成し、翌日をもって移転を完了する。
  • 1967年(昭和42年)4月1日 - 学級増により、中学校が小学校の校舎1教室を借用する。
  • 1970年(昭和45年)3月10日 - 校舎南側グリーンベルト (60m) が卒業生より寄贈される。
  • 1972年(昭和47年)2月10日 - 中学校の校舎を増築する。
  • 1990年(平成2年)9月10日 - 中学校にコンピュータ室が完成し、10月17日より使用する。
  • 1991年(平成3年)9月27日 - 台風19号によりコンピュータ室および視聴覚室に大きな被害を受ける。
  • 2001年(平成13年)11月29日 - 池島炭鉱が閉山する。
  • 2005年(平成17年)
    • 1月4日 - 外海町が長崎市に編入され、長崎市立池島小学校および長崎市立池島中学校に改称する。
    • 10月31日 - 学校支援会議「鏡会」が結成される。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 再び小・中併設校となり、長崎市立池島小中学校となる。校舎は小学校のものを使用。
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 池島中学校が休校となる。

交通[編集]

公共交通機関
最寄りの道路

周辺[編集]

  • 池島簡易郵便局

脚注[編集]

  1. ^ 通学区域の検索 (PDF) - 長崎市教育委員会(2010年4月1日現在)
  2. ^ ガッコム調べ
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「外海町誌」(1974年(昭和49年)、外海町役場)

関連事項[編集]

外部リンク[編集]