長崎バスジャック事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長崎バスジャック事件
場所 長崎県長崎市
標的 西肥自動車の路線バス
日付 1977年昭和52年)10月15日
概要 バスジャック人質16名)
武器 爆弾
死亡者 1名(犯人)
負傷者 1名(犯人)
犯人 2名
対処 長崎県警察警察官がバスに突入し犯人1名を射殺人質を救出した。
テンプレートを表示

長崎バスジャック事件(ながさきバスジャックじけん)[1]とは、1977年昭和52年)10月15日長崎県で発生したバス乗っ取り(バスジャック)事件。

この事件は、犯人の男2人によって引き起こされた。犯人の1人は射殺され、人質は全員救出された。

経過[編集]

1977年10月15日午前、長崎県平戸佐世保大村経由長崎駅前行きの西肥自動車路線バス三菱ふそうMP517M ・F623号車 登録番号:佐世保22か・344)が途中の大村市内を走行中、改造や手製爆弾を持ち「阿蘇連合赤軍」を名乗る白い覆面姿の2人組の男に乗っ取られた。その後、バスは給油のため長崎市内のガソリンスタンドに立ち寄ったが、スタンド従業員からの通報を受けた長崎県警察はバスのエンジンスターターを不作動にする措置を行い、バスを包囲した。

犯人たちは乗客5人の解放と引きかえに食料寿司30人前)やコーラ30人前など)、毛布50枚を要求した。また「法務大臣瀬戸山三男新自由クラブ(当時の野党)代表の河野洋平及び、政治評論家の細川隆元を連れてこなければ交渉には応じない」などと主張した。しかし、この時に犯人らは自分達の事を「阿蘇連合赤軍」と極左を想起させる団体名を名乗ったが、右翼的な論評の目立つ保守派評論家であった細川について「細川隆元先生」と呼ぶなど、思想的な見地からは矛盾する発言が目立ったことから、警察では早い時点で犯人達は赤軍派とは無関係の集団と判断していた。実際、犯人らは赤軍派を名乗っていたが、政治思想とは何ら関係なく、身代金を狙った場当たり的な犯行であった。

犯人は人質の女性の首に爆発物のようなものを巻き付け、また、車内の窓に針金のようなものを張り巡らし、「窓が一枚でも割れたら爆発する」などと脅迫していたが、警察官が差し入れを行った際に針金の一部が外れたものの爆発しなかったことから、女性の首に巻かれた爆発物が偽装であることを警察に把握されていた。

警察は犯人らに対して説得を行ったが、人質の体力が限界に達したとして、事件発生後18時間経過した翌16日午前4時25分に警察官の一人が説得しながら最終的に「撃つなら俺を撃て、撃つなら撃ってみろ!」と犯人を挑発したところ、主犯格の男が手製爆発物を投擲、爆発物が爆発した瞬間に突入隊は一斉にバス内部へ突入した。3名の警察官が合計7発を発砲、この銃撃で主犯の男が被弾し20分後に死亡、もう1人の犯人は重傷を負った。人質16人は全員無事に救出された。

重傷を負った犯人には懲役6年が言い渡された。

犯人射殺による人質事件の解決は1970年5月12日に発生した瀬戸内シージャック事件以来2例目となった[2]。また本事件の約1年3ヵ月後の1979年1月26日に発生した三菱銀行人質事件以降、日本国内における人質立てこもり事件で犯人射殺により解決に至ったケースは存在しない。

また警察は朝食として味噌汁を差し入れ、犯人の一人が味噌汁の入った鍋の取っ手をつかんだと同時に犯人を取り押さえ、バスに突入する作戦を検討していたが、事件発生翌日の明け方の時間帯に突入が行われたためこの作戦は実施されなかった。

その他[編集]

この事件は長崎放送テレビ長崎[3]が、突入から逮捕、人質救出までの様子を全国に中継しているが、後側からズームカメラで写した映像がVTR保存されており、この映像は鮮明に写っている(近距離の映像は、16mmフィルムで撮影されているため不鮮明である)。またNHK長崎放送局も運転席側から突入の瞬間を撮影している。

長崎放送では、事件発生当日夜に『ゴールデン洋画劇場[4]』でパトカーに対するカージャックを題材にした映画『続・激突!/カージャック』が放送されていたが、『ゴールデン洋画劇場』の放送を中断、この事件の中継が放送された。長崎放送では事件発生当日にフィルムカメラのオーバーホールが行われており、また中継車を翌日のゴルフ中継のために準備させていたが、最終的にゴルフ中継に支障が出るとしても中継車を事件現場に投入すべきとの意見が通り、人質救出の様子を中継することとなった。

また、テレビ長崎が日本テレビ系列局として日本テレビに送ったこの事件の取材映像が日本テレビ制作の朝のワイドショー番組『ミセス&ミセス』でも使われたが、この番組がテレビ長崎ではなく長崎放送で時差ネットされていたため、テレビ長崎の取材映像が長崎放送で放送されることとなった。テレビ長崎では社内でその映像を見た全員が驚いたという[5]

このバスジャック事件の通称は「長崎バスジャック事件」だが、「長崎市内で発生したバスハイジャック事件」の意であり、「長崎バス(長崎自動車)の車両がハイジャックされた事件」ではない。また、事件が起きた「平戸 - 佐世保 - 長崎」間の路線バスは既に廃止となっているが、佐々 - 佐世保 - 長崎間は高速バスにより運行が継続されている(長崎 - 佐世保線)。

バスジャックに遭った車両は、のちに西肥自動車に返還され、修理を受けて営業用に復帰し、1995年(平成7年)まで使用された後、長崎県内の山中に置かれていて、物置きとして使われていた。[6]

注釈[編集]

  1. ^ 1981年2月18日に放送された『水曜スペシャル 日本100大犯罪』(テレビ朝日制作)では「北九州バスジャック事件」(きたきゅうしゅうバスジャックじけん)と称している。
  2. ^ 瀬戸内シージャック事件では、自由人権協会所属の人権派弁護士2名により当時の広島県警察本部長狙撃手告訴(最終的には不起訴)されているが、この事件においては同様の訴訟は発生しなかった。
  3. ^ 当時の長崎県の民放テレビ局はこの2局だけで、テレビ長崎は当時日本テレビ系列フジテレビ系列クロスネット局だった(突入が行われた時間帯は日本テレビ系列の番組をネット)。
  4. ^ 番組の制作局はフジテレビであり、本来はフジテレビ系列局のテレビ長崎でネットされるべきものであるが、前述の通り長崎県には当時民放テレビ局が2局しかなかったため、テレビ長崎ではなく長崎放送で時差放送されたものである。
  5. ^ 事件発生当時の長崎県内の民放テレビ局における朝のワイドショー番組は、長崎放送では『モーニングショー』(テレビ朝日制作)の放送直後の時間帯に『ミセス&ミセス』(日本テレビ制作)が放送され、テレビ長崎では『小川宏ショー』(フジテレビ制作)が放送されていた。
  6. ^ 東スポWeb『1977年長崎ハイジャックの車両を発見』2018年8月9日 閲覧

関連項目[編集]