長島哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長島 哲郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市
生年月日 (1959-11-09) 1959年11月9日(60歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト3位
初出場 1983年5月23日
最終出場 1987年5月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長島 哲郎(ながしま てつろう、1959年11月9日 - )は、宮城県出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

仙台育英高時代は、甲子園常連校に在学しながら、当時は書道部であったという異例の経歴の持ち主。

高校卒業後、東北福祉大学に進学して仙台六大学野球連盟に加盟する同校の硬式野球部に入部し、本格的に野球を始める。在学中はリーグ戦で7回の優勝を果たす。4年次の仙台大学戦では9連続を含む17三振を奪取し、一躍「仙台の怪腕」と注目される。リーグ通算成績23勝4敗。

1982年プロ野球ドラフト会議ロッテオリオンズから3位指名を受け入団。東北福祉大学からプロ入りした第1号選手となった。また仙台六大学野球リーグでも初めてのドラフト指名であった。

1年目の1983年から一軍登板を果たし、同年9月には初先発を果たす。しかし、その後は一軍から遠ざかり、1987年に中継ぎとして5試合に登板するが、翌1988年は一軍登板がなく、同年限りで現役を引退した。

引退後は、ロッテの打撃投手を経て、地元球団の東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団。楽天では、スコアラーを経て、2013年にスコアラー・査定部長、2014年にチーム統括本部スカウト&ディベロップメント部副部長、2015年から2018年までスカウト部長、2019年にファームディレクター、2020年からプロスカウトを務めている。

パシフィック・リーグで32年間にわたって審判を務めた中村稔(元・日本ハムファイターズ内野手)とは、現役時代の対戦で死球によって顎を骨折させたことをきっかけに交流。ファームディレクター時代には、同リーグ事務局を定年で退職したばかりの中村を「泉犬鷲寮」(球団合宿所)の寮長に招聘した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 ロッテ 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 34 7.2 8 0 4 0 0 6 0 0 2 2 2.35 1.57
1987 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 22 4.1 6 1 2 0 0 7 0 0 2 2 4.15 1.85
通算:2年 10 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 56 12.0 14 1 6 0 0 13 0 0 4 4 3.00 1.67

記録[編集]

背番号[編集]

  • 14 (1983年 - 1988年)
  • 97 (1989年 - 1991年)
  • 107 (1992年 - 1996年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]