長峯純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長峯 純一(ながみね じゅんいち、1957年 - )は、日本経済学者関西学院大学総合政策学部教授、同大学副学長。日本公共政策学会理事。

来歴[編集]

宮城県気仙沼市生まれ。宮城県気仙沼高等学校茨城大学人文学部卒業。横浜国立大学大学院経済学研究科修士課程修了[1]慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(経済学、関西学院大学)。

追手門学院大学経済学部専任講師・助教授、関西学院大学総合政策学部助教授を経て現職[2]

  • みなと気仙沼大使

著書[編集]

  • 『公共選択と地方分権』(勁草書房、1998年)
  • 『公共投資と道路政策』(片山泰輔編著、勁草書房、2001年)
  • ブライアン・カプラン『選挙の経済学 投票者はなぜ愚策を選ぶのか』(奥井克美監訳、日経BP社、2009年)
  • 『費用対効果』(ミネルヴァ書房、2014年)
  • 『公共インフラと地域振興』(編著、中央経済社、2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『公共の経済・経営学 市場と組織からのアプローチ』(山内弘隆上山信一編著、慶應義塾大学出版会、2012年)
  2. ^ 『公共インフラと地域振興』(中央経済社、2015年)

外部リンク[編集]