長岡工業短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長岡工業短期大学
大学設置/創立 1961年
廃止 1966年
学校種別 国立
本部所在地 新潟県長岡市西片貝町888
学部 機械工学科
電気工学科
工業化学科
テンプレートを表示

長岡工業短期大学(ながおかこうぎょうたんきだいがく、英語: Nagaoka Technical College[1])は、新潟県長岡市西片貝町888に本部を置いていた日本国立大学である。1961年に設置され、1966年に廃止された。学生募集は1964年度まで。1965年度より長岡工業高等専門学校4年次への変換の設置により短期大学は学生募集を停止し、1966年3月31日廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 長岡工業短期大学の教育目的は「工業に関する実際的な専門教育を授け、工業の発展と興隆に寄与しうる教養と識見とを備えた中堅技術者を育成すること」となっている[3]

教育および研究[編集]

  • 長岡工業短期大学には、機械・電気・工業化学の各学科の専門教育が行われており、これは今日の高等専門学校における教育起源となっている。

学風および特色[編集]

  • 長岡工業短期大学では、高等学校卒業者のみならず、他大学卒業者や転学希望者による編入学制度も実施されていた[3]
  • 開学当初、編入学試験は6月に行われていた[3]

沿革[編集]

  • 1961年 長岡工業短期大学開学。
    • 機械科
    • 電気科
    • 工業化学科
  • 1962年 長岡工業高等専門学校が開校する。
  • 1964年度をもって学生募集を終了。翌年度より高専4年次に転換。
  • 1966年3月31日 廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 新潟県長岡市西片貝町888

年度別学生数[編集]

  • データはその該当年度の5月1日時点でのデータである。
- 機械科 電気科 工業化学科 出典
入学定員 80 40 40 -
総定員 160 80 80 -
1961年 男82 男40 男37 [4]
1962年 男152
女1
男75 男70
女5
[5]
1963年 男147 男73
女1
男64
女3
[6]
1964年 男126 男66 男61
女2
[7]
1965年 男56 男34 男30
女2
[8]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 機械科:設計コースと工作コースが設けられていた[3]
  • 電気科
  • 工業化学科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

附属機関[編集]

  • 附属図書館[3]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 山崎貫三:開学から閉学まで学長を歴任として就任した[9]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 長岡工業短期大学のキャンパスは、現在の長岡工業高等専門学校がある場所に設置されていた。面積は、校舎でおよそ26,000坪であった[3]
  • 建築物として北側・南側校舎、車庫・油庫・倉庫・実習工場などがあった[3]

[編集]

  • 学内に寄宿舎があった[3]

対外関係[編集]

系列校[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CiNii-長岡工業短期大学・高等専門学校研究紀要-より。2014年9月8日閲覧。
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』241頁より。
  3. ^ a b c d e f g h 『長岡工業短期大学 長岡工業高等専門学校要覧』(1963年度発行)より。
  4. ^ 昭和37年度版『全国学校総覧』16頁(以下、『総覧』と略する。)
  5. ^ 昭和38年度版『総覧』20頁
  6. ^ 昭和39年度版『総覧』20頁
  7. ^ 昭和40年度版『総覧』20頁
  8. ^ 昭和41年度版『総覧』23頁
  9. ^ その後、長岡短期大学学長に就任する。
  10. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』
  11. ^ 新潟県立図書館に所蔵されている。当短期大学のカリキュラムや運営などについて記載されている。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]