長岡天満宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長岡天満宮
NagaokaTenmangu.jpg
拝殿
所在地 京都府長岡京市天神2-15-13
位置 北緯34度55分22.2秒
東経135度41分10.8秒
座標: 北緯34度55分22.2秒 東経135度41分10.8秒
主祭神 菅原道真
社格 府社
本殿の様式 三間社流造
札所等 菅公聖蹟二十五拝
例祭 10月9日
テンプレートを表示

長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)は、京都府長岡京市に鎮座する神社天満宮)。旧社格は府社。市民からは「天神さん」と呼ばれ親しまれている。 長岡京市はかつて山城国乙訓郡長岡と呼ばれ、延暦3年(784年)桓武天皇平城京からを移し、長岡京を造営した所(ただし長岡宮を含む京域のほとんどは京都府向日市)。長岡天満宮は、都の西南の外れに位置する。 文化事業の一環として4月下旬には「霧島コンサート」、8月下旬には「宵宮コンサート」が開催される。同コンサートはクラシックの生演奏に身近にふれる機会として、音楽好きの市民に親しまれている。

由緒[編集]

霧島つつじ

現社地周辺は平安時代菅原道真の所領であったとされ、道真が在原業平らと共に、 しばしば遊んで詩歌管弦を楽しんだ縁深いところであるという。 道真が大宰府へ左遷された時、長岡に立ち寄り、「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだ。左遷の際道真に付き従ったのが、菅原氏の一族とされる中小路宗則で、宗則は高槻まで同船し、帰り際、道真から道真自作の木像と念持仏を託され持ち帰り、道真の死後に、その木像を祀ったのが当天満宮の創立とされている。 また、道真の大宰府左遷に付き従った中小路宗則は、大宰府で過ごし、道真の死後に、東小路祐房と共に、道真自作の像と念持仏を持ち帰り、祠を建てて安置したことが始まりとも言われる。爾来皇室の崇敬篤く度々の寄進造営をうけ、寛永15年(1638年)に八条宮智仁親王によって「八条ヶ池」が築造された。

紅葉庭園 錦景園

社地は元10万余坪に亘っていたが、明治維新に際し上地のため、現今は2万余坪を有している。現在の本殿は昭和16年(1941年)に京都の平安神宮の社殿を拝領移築したもので、正面の朱塗りの拝殿は「菅公御神忌1100年大萬燈祭」を奉賛して、既存の拝殿を増改築したものである。(1998年秋竣工。)本殿への参道の途中にある弁天池の周辺は、回遊式庭園「紅葉庭園 錦景園」として近年整備された。 10月9日に例祭が行われる。

八条ヶ池には、檜で作られた水上橋があり、そこからは池を中心として境内を一望できる。八条ヶ池の中堤両側の樹齢百数十年のキリシマツツジは有名で、隣接する長岡公園の梅園も広く知られている。キリシマツツジの花の季節に開催される「春の観光まつり」の会場にもなっており、多くの観光客で賑わいをみせる。また、境内には竹林や梅林、あじさい園、桜、ハス、アヤメ・カキツバタ群落もあり四季折々の散策を楽しむことができる。2013年(平成25年)の年間参拝者数は694,000人[1]

摂社・末社[編集]

稲荷神社

境内には7社の末社と、笠松地蔵が祀られている。

  • 春日社 - 主祭神は経津主命、天児屋根命、比売神で水などの自然神、芸能神とされる。
  • 八幡社 - 主祭神は応神天皇。厄除けの守護神である。
  • 稲荷神社 - 主祭神は倉稲魂神猿田彦命、大宮女神。祭神は五穀豊穣、商売繁盛の神とされる正一位稲荷大明神である。(明治33年創建)毎年2月に初午祭が行われる。
  • 山神社
  • 龍神社
  • 和泉殿社
  • 白太夫社
  • 笠松地蔵 - 社地から出土したといわれる。

兼務神社[編集]

  • 神足神社 - 祭神は天神立命(舎人親王と言う説もあり)、例祭は6月5日。式内社で乙訓十九座の一つ。文徳天皇の斉衡元年(854年)に国の官社にあげられている。桓武天皇の夢伝説が残っている。
  • 長法稲荷神社 - 祭神は倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
  • 走田神社 - 祭神は天児屋根命(あめのこやねのみこと)・武甕槌神(たけみかづちの神)・経津主神・姫大神(ひめおおかみ)、例祭は10月21日。式内社で乙訓十九座の一つ。正月十三日には御千度詣りや弓講が行われる。かつては「妙見社」と言われ寂照院の鎮守であったが、明治以降、正式に「走田神社」と呼ばれるようになった。
  • 角宮神社 - 祭神は火雷神(ほのいかづちのかみ)、例祭は5月1日。境内奥の覆屋のなかには角宮神社本殿と春日神社本殿が並んで建っており、これらはともに嘉永4年(1851年)に造営された。本殿の東には八幡宮、大神宮、稲荷社向日神社の小祠4棟が並んでいる。
  • 春日神社 - 祭神は天津児屋根尊(あまつこやねのみこと)、姫大神、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、斎主命(いわいぬしのみこと)、例祭は5月2日

祭事・年中行事[編集]

神牛像
神楽殿
筆塚
  • 毎月1日 月始祭
  • 毎月25日 縁日祭
  • 1月1日 歳旦祭 - 1年の始まりにその年1年の幸せと世界の平和を祈る。
  • 1月1日〜3日 奉納書初 - 学問、書道の神である天神に「書初」を奉納し、書道上達と心身健康を祈る。(毛筆・硬筆)
  • 1月15日 古神礼焼納祭・どんど(左義長)
  • 1月下旬 書道上達祈願祭
  • 2月3日 節分祭・豆撒き
  • 2月上旬 初午祭(長岡稲荷)
  • 3月中旬 梅花祭 - 梅の見頃の祭りで茶席が設けられる。
  • 3月25日 祈年祭 - 五穀豊穣と国の安泰を祈る。
  • 4月13日 十三まいり
  • 4月下旬 春の観光祭り
  • 4月下旬 きりしまコンサート
  • 4月下旬 献菓祭 - 2002年に約200年前の古文書を元に復興された。製菓業界の繁栄と商売繁盛の祈願。
  • 5月5日 筆塚祭 - 日頃、何気なく使っている筆の功徳を思い、筆に感謝し、書道上達を願う祭。
  • 5月7日 文芸祭(俳句の部)
  • 6月30日 大祓 - 半年の間に知らず知らずに犯した罪や心身に触れた穢れを祓い清める。
  • 7月7日 七夕祭 - 7月1日〜7日までの期間、特製大型竹笹を拝殿前に設置。
  • 8月24日 宵宮コンサート
  • 8月25日 夏祭り
  • 9月中旬 敬老祭
  • 9月中旬 名月祭 - 神楽殿で神楽や、琵琶等の演奏があり、茶席も設けられる。
  • 9月下旬 放生会 - 人間の食料として犠牲になった、生き物の霊を弔う。
  • 10月9日 例大祭
  • 10月下旬 文芸祭(川柳の部)
  • 10月下旬 氏子まつり
  • 11月15日 七五三参り
  • 11月25日 新嘗祭 - 新穀を供え五穀豊穣を感謝する。
  • 11月28日 火焚祭
  • 12月下旬 火焚祭
  • 12月31日 師走大祓 - 1年の間に知らず知らずに犯した罪穢れを祓い清める。
  • 12月31日 除夜祭
八条ヶ池と水上橋

文化財[編集]

  • 算額 寛政2年(1790年)中嶌敬軸門人今堀彌吉奉納(収蔵)

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成25年観光入込客数及び観光消費額調査結果概要”. 統計京都2014年9月号. 府観光課地域観光担当 (2014年9月). 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]