長岡南越路スマートインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:インターチェンジの外観または料金所施設の画像提供をお願いします。2015年11月
長岡南越路スマートインターチェンジ
所属路線 E17 関越自動車道
IC番号 20-1
料金所番号 04-599
本線標識の表記 長岡南越路
起点からの距離 238.5 km(練馬IC起点)
山谷PA (7.6 km)
(6.0 km) 長岡IC
接続する一般道 新潟県道23号柏崎高浜堀之内線
供用開始日 2009年9月24日
通行台数 2,080台/日
(2015年度の平均値)[1]
スマートIC 24時間
所在地 949-5406
新潟県長岡市
備考 ETC専用インターチェンジ
テンプレートを表示

長岡南越路スマートインターチェンジ(ながおかみなみこしじスマートインターチェンジ)は、新潟県長岡市浦にある関越自動車道インターチェンジ(本線直結型スマートインターチェンジ)である。

概要[編集]

関越自動車道の小千谷インターチェンジ長岡インターチェンジの間、長岡市越路地域(旧越路町)にある越路バスストップ付近に整備された本線直結型のスマートICである。既存の越路BSの道路施設を改修し、高速道路本線と県道を増設されたランプウェイで結んでいる。下り(長岡方面)・上り(前橋方面)とも流入・流出可能で、ランプウェイ部に一旦停止型のETCゲートを備えている。ETC車載器を搭載した、全長12m以下の全車種が通行できる。運用は24時間で終日利用可能である。

2015年度の1日あたりの平均利用台数は2,080台[1]で、インター周辺部の越路地域や小千谷市北部の片貝町はもとより、長岡地域南部や山古志地域(旧山古志村)、蓬平温泉などへのアクセス改善が図られた他、越路地域から長岡地域中心部への救急搬送も約12分短縮[2]された。また8月の長岡まつりや9月の片貝まつりの花火大会当日には1日の利用台数が3,000台を超え[3]、特に2010年9月10日の片貝まつり花火大会2日目には、国土交通省北陸地方整備局管内のスマートインター10箇所中で同年の1日利用台数最多となる5,089台を記録する[3]など、周辺地域の道路交通整流化にも効果を現している。

歴史[編集]

当初、2008年秋の社会実験開始に合わせて供用を開始する予定であったが、道路特定財源の暫定税率をめぐる問題で予算が付かず、着工が同年6月にずれ込んだことから、供用開始時期が当初の予定より半年遅れ、2009年春に延期された。ところが、周辺の地盤が軟弱であることなどから工期がさらに伸び、供用開始も更に半年遅れの同年秋に延期された。

建設当初は社会実験を経た上での本供用を予定していたが、2009年春の制度改正によって当初から設置が恒久化されることとなり、当インターは常磐自動車道水戸北スマートインターチェンジ東北自動車道白河中央スマートインターチェンジに次いで全国3箇所目[注 1]の本線直結型スマートICとして、9月24日の16時から一般供用を開始した。

なお当スマートICの建設工事に伴い、越路バスストップは2008年7月10日から供用開始日の9月24日まで休止扱いとなり全便通過し、翌9月25日[4]から運用を再開した。

接続道路[編集]

なおランプウェイは長岡市道越路121号線、同越路429号線として、長岡市が整備を行った[5]

[編集]

E17 関越自動車道
(20)小千谷IC/BS - 山谷PA - 片貝BS - (20-1)長岡南越路スマートIC/越路BS - (21)長岡IC/BS

付近[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 先に供用を開始した2つの本線直結型スマートICのうち、水戸北スマートICは2006年9月25日から2009年3月31日まで社会実験を実施し、翌4月1日から恒久化された。また白河中央スマートICは当初社会実験を経た上での本供用を予定していたが、2009年3月に恒久設置が決定し、同年8月8日に供用を開始した。両ICのうち両方向利用できるのは白河中央のみ(水戸北は東京方面のみ)であるため、両方向へ流入流出できる本線直結型スマートICとしては、当ICが全国2箇所目である。

出典[編集]

  1. ^ a b “長岡南越路スマートICの利用台数が500万台 到達!!” (プレスリリース), 長岡南越路スマートIC地区協議会, (2016年6月21日), http://www.hrr.mlit.go.jp/chokoku/file/press/160621_長岡南越路SIC500万台到達.pdf 
  2. ^ “スマートIC通信 VOL.2” (プレスリリース), 長岡南越路スマートIC社会実験協議会, (2009年4月), http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3480816/www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/douro/si-infomation02.pdf  - WARPによるアーカイブ
  3. ^ a b “スマートIC通信 VOL.7” (プレスリリース), 長岡南越路スマートIC地区協議会, (2011年1月), http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3480816/www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/douro/si-infomation07.pdf  - WARPによるアーカイブ
  4. ^ “スマートIC通信 VOL.4” (プレスリリース), 長岡南越路スマートIC地区協議会, (2009年9月), http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3480816/www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/douro/si-infomation04.pdf  - WARPによるアーカイブ
  5. ^ 長岡南越路スマートICに関する工事の内容 - 東日本高速道路 - 2012年12月15日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]