長岡亮介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長岡 亮介(ながおか りょうすけ、1947年 - )は日本の数学者明治大学特任教授。専門は数学史数学教育。元予備校講師。

人物[編集]

長野県長野市で出生し、神奈川県横浜市で育つ。聖光学院中学校・高等学校卒業。オフコース小田和正鈴木康博らと同期。東京大学理科一類入学(経歴の出典:東大の数学入試問題を楽しむ)、東京大学理学部数学科卒業。東京大学大学院理学系研究科科学史科学基礎編専門課程単位取得退学。津田塾大学学芸学部数学科講師/助教授大東文化大学法学部教授、放送大学教養学部教授を歴任。放送大学を2008年3月に退職。上智大学理工学部非常勤講師、2009年から明治大学理工学部数学科特任教授。

駿台予備学校数学科講師。駿台予備校時代はカリスマ講師として君臨した。東進ハイスクール数学科講師の長岡恭史は弟。受験数学の参考書、数学教科書、数学の歴史に関する書籍を多数執筆している。

専門は、近現代数学史、数理思想史、そして最近は情報科学論。「数学の意味を追いかけていったら、数学史にたどりつき、最近は、進展するICT革命に、数学哲学と数学史の立場から強い関心をもっている」

趣味は、オートバイ、スキー、テニスから音楽(「なんと言ってもバッハ」)、囲碁(依田紀基名人の「不肖の弟子」が自慢の種)、茶道(表千家)、日本酒、麻雀まで幅広いが、最大の趣味は、数学教育。「認識が開かれた一瞬に人が見せる顔の輝きが大好き。」

主な著作・共著・編集[編集]

外部リンク[編集]