長安寺 (福知山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 長安寺
福知山市長安寺.jpg
所在地 京都府福知山市奥野部577
山号 医王山
宗派 臨済宗南禅寺派
創建年 不明
開山 悦堂禅師
開基 杉原家次
別称 丹波のもみじ寺
札所等 西国薬師霊場第26番札所、丹波古刹十五ケ寺霊場13番札所
テンプレートを表示

長安寺(ちょうあんじ)は、京都府福知山市奥野部にある臨済宗南禅寺派寺院である。山号は医王山。西国薬師霊場第番札所、丹波古刹十五ケ寺霊場13番札所。

歴史[編集]

1400年前、用明天皇の第三皇子、麻呂子親王(聖徳太子実弟)が、勅命で古丹波の国三上山に棲む、鬼賊征討の途中、戦勝祈願の為、戦勝祈願の為、薬師如来を刻み、この地に奉祀されたことに始まる。

中世には、真言宗の鎮護国家の道場で、金剛山善行寺と称した。境内外に二十五カ寺の坊を有し、諸堂及び三重の塔など完備し、盛大であったが応永年間(1394年~1422年)に火災に遭い、焼失。永享12年(1440年)、幕府を中心に再興が進められ、長禄4年(1460年).

寛正2年(1461年)に幕府は丹波の国に段銭を課して、再興を目指した。文明6年(1474年)悦堂禅師諸国が寺域内に諸堂伽藍を再建。永正8年(1511年)火災に遭い、鳥有に帰する。天分13年(1544年)三光国師の玄孫勅賜眼光恵透禅師が追慕し、弘治元年(1555年)に諸堂を再興し、医王山を山号に改め、悦堂禅師を創建開山とする。安永10年(1781年)火災に遭い、焼失。天明4年(1784年)に建築し、現在に至る。

建物[編集]

  • 大方丈(本堂) 天明4年(1784年)再建。本尊釈迦如来と脇侍仏、文殊・普賢両菩薩を安置。
  • 仏殿(薬師堂) 唐様様式建造物。
  • 開山堂
  • 観音堂 昭和58年(1983年)設置。聖観世音菩薩安置。
  • 売茶堂 平成11年(1999年)建立。煎茶の祖 月海元昭禅師を祀っている。
  • 心経堂
  • 庫裡
  • 小方丈(隠寮)
  • 鐘楼堂
  • 経堂
  • 鎮守弁財天
  • 山門

ギャラリー[編集]

長安寺十景[編集]

長安寺は姫髪山麓にある名刹で、風光明媚三丹第一と言われている。文人墨客に愛され、長安寺十景の名がある。

  • 瑠璃宝殿
  • 姫髪峻嶺
  • 千年老松
  • 一株奇桜
  • 楼上華鯨
  • 門前版橋
  • 四山積雪
  • 城東朝賑
  • 屋後嵐声
  • 満渓宿霧

交通アクセス[編集]

  • JR・丹鉄福知山駅からバスで10分。半田バス停から徒歩で20分。
  • JR・丹鉄福知山駅から車で20分。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]