長安寺 (大船渡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長安寺
長安寺2016.jpg
所在地 岩手県大船渡市日頃市町長安寺57番地
位置 北緯39度6分31.5秒
東経141度41分10.8秒
座標: 北緯39度6分31.5秒 東経141度41分10.8秒
山号 片杉山
宗派 真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
法人番号 8402705000152 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

長安寺(ちょうあんじ)は、岩手県大船渡市日頃市町にある真宗大谷派の寺院。山号は片杉山。本尊鎌倉時代の作といわれている阿弥陀如来

歴史[編集]

寺伝によると、もと天台宗の寺で、開山は気仙郡司金為時4代に嫡孫次郎丸為正(正善坊)で、比叡山で修行の後に帰郷して長安寺を建立、明徳年間(1390年 - 1394年)の22世正光坊のときに浄土真宗に改宗したという。

1556年(弘治2年)に火災のため全焼し、伽藍はすべて江戸期以降のものであるが、山門(1798年寛政10年))は高さ17.5mの大楼門で、禁制の材を許可無く使用したことが仙台藩主の忌避にふれ、以後の造作が許されず「袖なしの門」といわれている。

アクセス[編集]

以上の路線に乗車し、「長安寺」バス停下車。徒歩10分。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 3 岩手県』角川書店、1985年。ISBN 4040010302
  • 岩手放送『新版 岩手百科事典』岩手放送株式会社、1988年10月15日。

関連項目[編集]