長坂健冶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長坂健治から転送)
移動先: 案内検索
長坂 健冶 (長坂 健治)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1977-10-29) 1977年10月29日(39歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2001年 ドラフト8巡目
初出場 2002年10月17日
最終出場 2007年5月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長坂 健冶(ながさか けんじ、1977年10月29日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。本名は健治だが、2005年に登録名を健冶へ変更(さんずいの「治」からにすいの「冶」へ変更)。現在は東北楽天ゴールデンイーグルスブルペン捕手を務めている。

来歴・人物[編集]

横浜市立横浜商業高等学校から横浜商科大学を経て、日本IBM野洲に入社。鉄砲肩で有名、特に中村泰広とバッテリーを組み、滋賀県の社会人野球ではほぼ無敵の強さを誇っていた。

2001年秋に行われた大阪近鉄バファローズと日本IBM野洲とのプロアマ交流戦で、当時ウエスタン・リーグ2年連続盗塁王だった森谷昭仁の盗塁を2回刺し、二軍ベンチとネット裏のスカウトを驚かせた。近鉄は、予定にはなかったが急遽長坂をドラフト指名リストに入れ、長坂は同年のドラフト会議で近鉄から8巡目指名を受けた。日本IBM野洲が輩出した最初のプロ野球選手である(ちなみに、日本IBM野洲は2003年のシーズン限りで休部に入っており、最後に輩出したプロ野球選手が中村泰広である)。

2005年選手分配ドラフト東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。捕手陣が手薄な中、同2005年には自己最高の39試合に出場。3月27日の開幕2試合目、楽天打線が渡辺俊介に1安打1四球と抑え込まれ26対0で歴史的完封負けを喫した試合で、唯一の安打を放つ(当該試合記事参照)。本塁打が入りにくいといわれているナゴヤドームでプロ初本塁打を放ったが、打撃の安定感がなく、2006年は一軍出場の機会に恵まれなかった。肩の強さがある反面、送球の悪さと打撃全般に課題を残していた。

2007年10月、球団から戦力外通告を受け、そのまま現役を引退。同年の秋季キャンプよりブルペン捕手へ転身。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 近鉄 2 3 3 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .666
2003 3 5 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 .000 .200 .000 .200
2004 25 25 23 2 4 2 0 0 6 1 0 0 2 0 0 0 0 7 1 .174 .174 .261 .435
2005 楽天 39 34 32 5 6 0 0 1 9 1 0 0 0 0 1 0 1 6 3 .188 .235 .281 .516
2006 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2007 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
通算:6年 71 70 65 8 11 2 0 1 16 2 0 0 2 0 1 0 2 15 6 .169 .206 .246 .452

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2002 2 0 0 0 -
2003 2 1 0 1 1.000
2004 25 6 5 1 .167
2005 39 91 3 0 2 0 1.000 15 13 2 .133
2006 1 2 0 0 0 0 1.000 1 1 0 .000
2007 1 1 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
通算 70 23 19 4 .174

記録[編集]

背番号[編集]

  • 58 (2002年 - 2007年)
  • 108 (2008年 - )

登録名[編集]

  • 長坂 健治 (ながさか けんじ、2002年 - 2004年)
  • 長坂 健冶 (ながさか けんじ、2005年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]