長久保城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
長久保城
静岡県
別名 長窪城
城郭構造 山城
築城主 長久保氏
築城年 不明
主な城主 長久保氏?、清水政勝?、中村一氏
廃城年 1600年慶長5年)
遺構 曲輪(一部)、土塁空堀
指定文化財 なし
位置 北緯35度08分51.8秒
東経138度53分23.4秒
地図
長久保城の位置(静岡県内)
長久保城
長久保城

長久保城(ながくぼじょう)は、静岡県駿東郡長泉町下長窪にあった日本の城

概要[編集]

築城時期や築城者は不明であるが、大友親頼の三男親政が、1439年永享11年)の足利持氏滅亡(永享の乱)により今川氏に仕え、駿河国駿東郡長久保を領していたため一説には長久保氏の築城とも言われる。戦国時代には今川氏後北条氏武田氏との間で争奪戦が繰り広げられた。1582年天正10年)の武田氏滅亡後は徳川家康の持城となった。関東に家康が移封されると中村一氏の持城となったが、1600年慶長5年)に移封され長久保城は廃城となった。

現在は城山の削土や土地改良、道路建設で本丸跡は消滅し、城山神社境内の土塁と空堀、北小学校の周辺に三の丸の遺構が残るのみになっている[1]。 

脚注[編集]

関連項目[編集]