鐘ヶ江管一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鐘ヶ江 管一(かねがえ かんいち、1931年1月22日 - )は、元島原市長長崎県島原市出身。

略歴[編集]

旧制島原中学(現在の長崎県立島原高等学校)に進学したが、学制改革の際に中退。家業の旅館「国光屋」の経営に携わった。国光屋は西鉄ライオンズ、太平洋クラブライオンズ、クラウンライターライオンズ(現在の埼玉西武ライオンズ)の島原キャンプの定宿としても使用されており、仰木彬稲尾和久とは晩年まで交流があり、豊田泰光中西太など当時のライオンズの選手との親交は現在に至って続いている。

1980年には島原市長に当選、以後1992年までの3期12年務めた。1991年雲仙普賢岳の噴火・土石流の発生の際は自ら災害救助活動や国への陳情に奔走、その姿はマスコミにも大きく取り上げられ「ヒゲの市長さん」として一躍有名となった。

市長退任後は普賢岳噴火の際の体験を生かし、全国で講演活動を行っている。2001年には勲四等瑞宝章を受章、2002年からは雲仙岳災害記念館の名誉館長を勤めている。

著書[編集]

  • 『勝つということ―対談・熱球交友録』(1997/03 集英社 仰木彬共著)
  • 『普賢、鳴りやまず―ヒゲ市長の防災実記763日』(1997/07 集英社)

関連項目[編集]