鏡岩濱之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鏡岩 濱之助 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 鏡岩 濱之助
本名 加藤 助市
生年月日  1769年
没年月日 1829年9月8日(文政12年8月11日
出身 美濃国羽栗郡(現:岐阜県羽島郡笠松町
出生地は近江国(現:滋賀県
所属部屋 伊勢ノ海(伊勢)→小野川部屋(大坂)→雷部屋(江戸)
成績
現在の番付 引退
最高位 小結
幕内戦歴 85勝38敗8分2預13無32休(19場所)
データ
初土俵 1794年11月場所(二段目付出)
入幕 1801年11月場所
引退 1815年11月場所
備考
2014年9月1日現在

鏡岩 濱之助(かがみいわ はまのすけ、1769年(明和6年) - 1829年9月8日文政12年8月11日)は、美濃国羽栗郡(現:岐阜県羽島郡笠松町、出生地は近江国(現:滋賀県))出身の元大相撲力士鏡岩源之助は実子にあたる。

来歴[編集]

1769年近江国(現:滋賀県))で生まれる。伊勢相撲の伊勢ノ海部屋から小野川部屋大坂相撲)へ加入したが、のちに雷部屋(江戸相撲)へ加入、1794年11月場所にて二段目付出で初土俵を踏んだ。1801年11月場所で新入幕を果たし、1802年11月場所からは徳島藩の抱え力士となった。

1808年10月場所4日目、前頭8枚目の番付にいた鏡岩は、雷電爲右エ門を破る大殊勲の星を挙げた。1815年11月場所を最後に現役を引退し、引退後は郷里に戻って美濃相撲の勧進元となり、年寄・鏡岩を襲名した。1829年9月8日(旧暦8月11日)に死去。

主な成績[編集]

  • 通算幕内成績:85勝38敗2預13無32休
  • 幕内在位:19場所

改名歴[編集]

  • 鏡岩 助市(かがみいわ すけいち):1794年11月場所
  • 鏡岩 濱之助( - はまのすけ):1795年3月場所 - 1815年11月場所(引退)

関連項目[編集]