鎌北湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鎌北湖
鎌北湖
左岸所在地 埼玉県入間郡毛呂山町大谷木
位置
河川 荒川水系大谷木川
ダム湖 鎌北湖
ダム諸元
ダム型式 アースダム
堤高 22.6 m
堤頂長 84.0 m
堤体積 79,000
流域面積 2.3 km²
湛水面積 4.0 ha
総貯水容量 300,000 m³
有効貯水容量 236,000 m³
利用目的 かんがい
事業主体 埼玉県
着工年/竣工年 1929年/1935年
出典 [1][リンク切れ]
テンプレートを表示

鎌北湖(かまきたこ)は、埼玉県入間郡毛呂山町にあるである。

正式名称は山根溜池。別名乙女湖。

概要[編集]

1929年アメリカで起こった世界恐慌の対策として行われた公共事業のひとつで、1935年に完成した農業用貯水池。当初は山根貯水池と呼ばれた。第二次世界大戦後、毛呂山町観光協会が「かまきた湖」と呼んだ。

ダム形式は中心コア型アースダム。管理は入間第一用排水土地改良区が行っている[1]。周囲は外秩父山地に囲まれており、県立黒山自然公園の区域内にある[2]

鎌北湖ではボート乗り、ヘラブナ釣りが出来る。季節によってソメイヨシノモミジが楽しめる。名物はイノブタ料理。

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

自動車[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 入間郡にある土地改良区
  2. ^ 埼玉県の自然公園

関連項目[編集]

外部リンク[編集]