鎌倉十橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鎌倉十橋(かまくらじっきょう)とは、鎌倉に流れる川に架かるで、重要な橋や伝説が残る10の橋をいう。江戸時代新編鎌倉志で選定された。

鎌倉十橋とされたのは以下の10の橋である。

  • 歌の橋
  • 夷堂橋:本覚寺の門前を流れる滑川架かる橋[1]
  • 勝ノ橋:暗渠となり標柱と敷石のみ残る
  • 裁許橋
  • 逆川橋:暗渠となり明治期に建てた標柱が残る
  • 十王堂橋
  • 筋違橋:暗渠となり石碑のみ残る[1]
  • 針磨橋
  • 琵琶橋
  • 乱橋

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鈴木淑子 (2018年7月27日). “訪ねる 橋 鎌倉十橋 神奈川県鎌倉市”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 4 

参考文献[編集]