鍾ヨウ体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「鍾繇体」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

鍾繇体(しょうようたい)は、古代中国三国時代書家鍾繇字体

概要[編集]

  • 鍾繇体は隷書と楷書の中間のような書体であるが、三国時代には楷書という言葉がなく、後世の書家によって楷書に分類されたものである。鍾繇は楷書が特に後世知られており、王羲之をはじめ非常に多くの書家が学んでいて、現代でもよく学ばれている。
  • 鍾繇は、皇象劉纂(りゅうさん)・岑伯然(しん はくねん)、魏の胡昭邯鄲淳宋翼(そうよく)・衛覬韋誕等と共に同時代の能書家として知られている。

収拾代表作[編集]

  • 宣示表(せんじひょう)
  • 急就章(きゅうしゅうしょう)
  • 薦季直表(せんきちょくひょう)
  • 賀捷表(がしょうひょう)
  • 墓田丙舎帖(ぼでんへいしゃじょう)
  • 上尊号奏(じょうそんごうそう)
  • 力命表(りきめいひょう)
  • 還示帖(かんじじょう)

外部リンク[編集]

  • 日本インターネット書道協会・書家人物事典 [1]