鍵崎正己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鍵崎 正己(かぎざき まさみ、1948年 - )は、日本工学者実業家である。日東化工株式会社の元代表取締役社長で、現在は同社の顧問を務める。

福岡県出身。昭和45年に九州工業大学工学部工業化学科を卒業し、昭和47年に京都大学大学院修士課程を修了。同年、三菱化成工業(現・三菱化学)に入社する。その後、日東化工へ異動し、常務取締役、専務取締役を経て、平成19年に同社の代表取締役社長を務めた[1][2]

経歴[編集]

  • 昭和23年1月-22日生
  • 昭和45年3月-九州工業大学工学部工業化学科卒業
  • 昭和47年3月-京都大学大学院修士課程終了(工学系化学工学専攻)
  • 昭和47年4月-三菱化成工業(現三菱化学)㈱入社
  • 平成6年10月-三菱化学㈱機能資材カンパニーCFコンポジット部グループマネージャー
  • 平成11年3月-同社坂出事業所機能炭材センター長
  • 平成11年10月-同社坂出事業所機能炭材センター長兼技術開発部長
  • 平成14年4月-日東化工㈱ゴム営業第二部長
  • 平成14年6月-取締役ゴム事業部門副部門長兼ゴム営業第二部長
  • 平成15年6月-常務取締役ゴム事業部門長
  • 平成18年6月-専務取締役ゴム事業部門長
  • 平成19年6月-代表取締役社長
  • 平成24年4月-同社顧問

脚注[編集]