鍛治直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かじ なおと
鍛治 直人
生年月日 (1973-01-24) 1973年1月24日(44歳)
出生地 日本の旗 兵庫県[1]
職業 俳優
事務所 文学座

鍛治 直人(かじ なおと、1973年1月24日[1] - )は、日本の俳優である。文学座所属。兵庫県芦屋市出身。

報徳学園高等学校早稲田大学社会科学部卒業。高校・大学ではラグビー部に所属していた。1997年文学座研究所に入所し、2002年より団員。2009年より文化庁新進芸術家派遣制度にて1年間ロンドンに留学。

出演[編集]

舞台[編集]

2000年

  • 初舞台『心破れて』(文学座アトリエ公演)
  • 『峠の雲』(文学座本公演)三越劇場
  • 『HAKUGEI』(牙の会)恵比寿エコー劇場
  • 『ザ・カスタム・オブ・カントリー/女達への償い』(ライミング)TOKYO FMホール

2001年

  • 『ペンテコスト』(アトリエ)
  • 冬物語』(幹の会)紀伊國屋サザンシアター

2002年

  • 『ロベルト・ズッコ』(アトリエ)
  • 『W;t ウィット』パルコ劇場

2003年

  • 『ドン・ジュアン』(本公演)世田谷パブリックシアター
  • Hamlet』(ホリプロ)世田谷パブリックシアター
  • リチャード三世』(ホリプロ)日生劇場

2004年

  • お気に召すまま』(ホリプロ)彩の国さいたま芸術劇場
  • 『あかね空』(松竹)新橋演舞場)

2005年

  • 『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』(Bunkamura)シアターコクーン
  • 『キスへのプレリュード』(ホリプロ)ル テアトル銀座

2006年

2007年

2008年

  • 『肝っ玉おっ母とその子どもたち』(THEATRE1010)
  • 黒蜥蜴』(パルコ)ル テアトル銀座
  • 『おーい幾多郎』吉祥寺シアター

2009年

  • 『風が強く吹いている』(アトリエダンカン)ル テアトル銀座
  • 『黒革の手帖』明治座

2011年

  • 『美しきものの伝説』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
  • 『tatsuya 最愛なる者の側へ』(H.H.G)サイスタジオコモネAスタジオ
  • 『ポルノグラフィ』(日本劇団協議会)恵比寿・エコー劇場

2012年

  • 『種をまく人』八尾市文化会館プリズム小ホール
  • 『黒蜥蜴』明治座
  • 『花咲くチェリー』(本公演)地方巡演
  • 坂東玉三郎特別公演『日本橋』(松竹)日生劇場

2013年

  • セールスマンの死』(本公演)あうるすぽっと
  • 『猿後家』(日本劇団協議会)エコー劇場

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場版アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 蘭学遺言状

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鍛治直人”. 日本タレント名鑑. 2017年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]