錦洋与三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

錦洋 与三郎(にしきなだ よさぶろう、1900年7月5日 - 1960年3月1日)は、昭和初年の大相撲力士である。最高位は関脇(関西角力協会では大関をつとめた)だった。現役時代の体格は176cm、111kg。得意技は押し、寄り、掬い投げ

鹿児島県姶良郡福山町(現霧島市)出身、本名は豊平才蔵。井筒部屋に入門し、1917年5月場所に初土俵をふむ。1923年5月、新十両、1925年1月に新入幕を果たす。出足早く、攻めの相撲で鳴らした。1925年5月場所には、前頭12枚目で10勝1敗の好成績を挙げたが、優勝は同じ平幕でも上位の大蛇山酉之助に奪われた。そこから上昇気流に乗り、1927年10月には新小結、1928年には関脇に昇進した。三役を長くつとめたので、金星こそ常ノ花寛市からの1個にとどまったが、大関大ノ里萬助には対戦成績でも勝ち越すなど、出羽海一門を相手によく健闘した。

1932年春秋園事件天竜三郎らに呼応して脱退、天竜らが設立した関西角力協会の中心として活躍し、1934年には同協会主催の1月場所トーナメントで優勝を果たした[1]。そして、1937年の解散まで土俵をつとめた。なお実弟も早稲田大学相撲部で活躍した。

主な成績[編集]

日本大相撲協会[編集]

  • 幕内在位:25場所(うち関脇7場所、小結1場所、脱退の1932年1月も含む)
  • 幕内成績:137勝101敗3分預23休
  • 金星:1個(常ノ花)

場所別成績[編集]

錦洋 与三郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1917年
(大正6年)
x x (前相撲) x
1918年
(大正7年)
新序
1–2 
x 東 序ノ口 #18
4–1 
x
1919年
(大正8年)
西 序二段 #33
4–1 
x 西 三段目 #48
2–3 
x
1920年
(大正9年)
西 序二段 #2
4–1 
x 西 三段目 #16
3–2 
x
1921年
(大正10年)
西 三段目 #5
4–1 
x 東 幕下 #27
3–2 
x
1922年
(大正11年)
東 幕下 #16
2–2
1預
 
x 東 幕下 #5
3–2 
x
1923年
(大正12年)
東 幕下 #1
優勝
8–2
x 東 十両 #8
3–3 
x
1924年
(大正13年)
西 十両 #8
3–2 
x 東 十両 #4
優勝
7–0
x
1925年
(大正14年)
西 前頭 #11
6–3
2預
 
x 東 前頭 #4
6–5 
x
1926年
(大正15年)
東 前頭 #3
0–0–11 
x 西 前頭 #12
10–1 
x
1927年
(昭和2年)
東 前頭 #5
6–4–1
東 前頭 #5
7–4 
東 前頭 #1
5–6 
西 小結
7–4 
1928年
(昭和3年)
西 前頭 #1
8–3 
東 関脇
6–5 
東 前頭 #1
7–4 
東 前頭 #1
6–5 
1929年
(昭和4年)
西 関脇
8–3 
西 関脇
6–5 
西 関脇
5–6 
西 関脇
7–4 
1930年
(昭和5年)
西 関脇
5–6 
西 関脇
0–5–6 
西 前頭 #2
4–2–5 
西 前頭 #2
5–6 
1931年
(昭和6年)
東 前頭 #1
6–5 
東 前頭 #1
6–4
1痛分
 
西 前頭 #1
7–4 
西 前頭 #1
4–7 
1932年
(昭和7年)
東 前頭 #5

脱退
 
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1927年1月場所の1休は相手力士の休場によるもの

関西角力協会[編集]

  • 優勝:1回(1934年1月場所)[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 関西相撲の優勝者 古今大角力最高成績者鑑 2015年6月10日閲覧。