鋼-HAGANE-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鋼-HAGANE-
漫画
作者 神崎将臣
出版社 講談社
掲載誌 ヤングマガジンアッパーズ
発表期間 1998年1号 - 2003年1号
巻数 アッパーズKC/全16巻
テンプレート - ノート

鋼-HAGANE- 』(はがね)は神崎将臣による日本漫画作品。講談社の『ヤングマガジンアッパーズ』1998年1号から2003年1号にかけて連載された。単行本は全16巻。後に秋田書店からコンビニコミック版(秋田トップコミックスW)が発売されている。

概要[編集]

この作品には"赤い海"が敵組織として登場するなど、神崎の代表作『重機甲兵ゼノン』と世界観を共有している。また、それまで「男くさい漫画」を連載することが多かった神崎が、初めて本格的に女性を主人公においた漫画でもある(単行本第4巻のあとがきより)。

基本的にはアクション漫画だが、主人公・鋼のパンチラ等のお色気描写が多く、秋田書店のコンビニコミック版に至っては、表紙や副題が完全にお色気漫画と間違われそうなシロモノであった[誰によって?]

『ヤングマガジンアッパーズ』創刊時に連載開始した漫画の一つで、単行本第1巻はアッパーズKCの通し番号1番。

ストーリー[編集]

女子高生・薬師丸鋼は、秘密組織「赤い海」の極秘計画…過去の偉人・超人の遺伝子を組み込んだ人間を生み出す「寄生(パラサイト)計画」の被験者に選ばれ、本人も知らぬ間に剣豪・宮本武蔵の遺伝子を身体に植えつけられていた。

やがて、彼女と同じように被験者に選ばれた人間達が徐々に姿を現し、鋼は否応なく戦いに巻き込まれ、その中で赤い海の巨大な陰謀に触れることになる。

登場人物[編集]

(【】内は寄生されている人物)

主人公側の登場人物[編集]

薬師丸 鋼(やくしまる はがね)【宮本武蔵
バイク好きの女子高生。物語開始時点のしばらく前から病院に通院しており、その際に体質改善のための投薬治療と偽って宮本武蔵の遺伝子を徐々に植えつけられていた。2本のナイフによる二刀流を得意とする。
能力をフルに発揮する際、髪の毛が急激に伸びるなどの身体の変化が起きるが、他の寄生者にはこの現象は見られない。また、寄生された人間は徐々に寄生元の人物に身体や思考を奪われていくという症状が起きるが、彼女はこの症状が著しく速いペースで進行している。この現象は彼女の出生に関わりがあり、そのために赤い海も最重要検体としてマークしている。
ステファン・木村・ベネット【ビリー・ザ・キッド
伝説のガンマン、ビリー・ザ・キッドの遺伝子を持つ寄生者。エセ関西弁を喋り、仲間の前では陽気でスケベな明るい男だが、過去に恋人のマリアを赤い海に殺されたという悲しい過去を持つ。以来その復讐のために能力を磨き、戦いの場においては冷徹な一面を見せる。2丁拳銃の他にサブマシンガンやロケットランチャーなど、多彩な銃器を自在に操る。
後の戦いにおいて片足を斬り落とされるが、赤い海の過去の遺物であるゼノニクスの足を移植され、失った足を取り戻すと同時に戦闘力を飛躍的に向上させる。それと引き換えに激しい拒否反応と寿命の激減という副作用に苛まれるが、本人はこの事を恨んでおらず、戦う力を得られたことを快く思っている。
瑞樹 連(みずき れん)【御船千鶴子
透見者・御船千鶴子の遺伝子を持つ寄生者。実家は日本でも有数の財閥である瑞樹コンツェルンで、その資金力を使って隠れ家や武器を手配することもある。鋼が寄生計画の被験者にされていたことを彼女に告げ、仲間に引き入れた。以前からステファンと共にチームを組んでおり、頭脳役を努める。他人の記憶を読み取る他に、相手に強力な暗示をかける、果てはサイコキネシスなどの強力な能力を駆使して戦う。
実は「寄生薬」を開発した張本人でもあり、鋼やステファン達を仲間に引き入れたのも、自ら生み出した研究結果の後始末をさせる為であった。御鳳王子と対決して死亡するが、脳髄のみが赤い海に回収され、後に新型の機動兵器の思考ユニットとして使われた。
御鳳 王子(ごほう おうじ)【服部半蔵
忍者・服部半蔵の遺伝子を持つ「完全寄生者」。連に戦闘アドバイザーとして雇われ、赤い海への施設潜入作戦にあたり、鋼達の訓練教官役を務める。
元々は赤い海の特殊部隊「ブラックベレー」に所属していたという過去を持ち、背中に眼があるかのように敵の動きを察知し、背後の敵すら一撃で仕留めるような、完璧な戦闘を行うことができる。
連の死後は鋼達の元を離れるが、その後も独自行動をとっており、時々現れては鋼達の窮地を救ったり、助言を与えたりしている。
伊織 真実(いおり まさみ)【黄飛鴻
幼少期に遭った事件以来、トラウマで弱気になりいじめられっ子の境遇が続いていた少年。突然身に付いた寄生の力に恐れを抱いていたが、寄生者同士の戦いを目の当たりにし、その力で鋼達と共に戦い幼馴染の神楽静香も守る事を決意する。
髑髏 (どくろ)
鋼たちの司令塔・スポンサーを務める謎の人物。かつては自分も赤い海と戦っていたと話し、鋼たちに他の寄生者に関する情報を与えて指示を出したり、そのために必要な武装・資金の支給をしたりしている。鋼が初回冒頭で幻視した顔とそっくりな幼女を連れている。

「赤い海」側の登場人物[編集]

ジャック・ザ・リッパー
本名不明。「寄生薬」の被験者にされていることを鋼へ知らせに来た薬剤師を始末しに現れる。鋼の中の「武蔵」と戦えば自らの心の穴が塞げると思い込んでおり、鋼に挑むため彼女の友人、陽子を拉致する。
丸山 豪介(まるやま ごうすけ)【パット・ギャレット
ステファンが自身の持つ遺伝子であるパットの宿敵、ビリーの寄生者であることを知って、彼を狩りに現れた警視庁一課の刑事。早撃ち勝負でステファンを手負いにした後わざと逃がし、部下を引き連れて追撃し始める。
藤崎 恵介(ふじさき けいすけ)【佐々木小次郎
鋼が満員電車で痴漢に遭っているところを助けた少年。後日、藤崎が彼女に送ったビデオテープに昔撮った幼い頃の日々が映っていたことから、実は鋼の幼馴染だったと判明する。
だが彼は「赤い海」の一員であり、後に極東最高責任者の座を現任者から譲り受ける。
極東最高責任者
顔の描写は各部の断片のみで、名前も明かされない。昔のファイル[1]を見ながら「反抗的な人間は大好きだ」と嘯く、遠景ではオールバックの人物。後に藤崎へ役職を譲る。

その他の登場人物[編集]

陽子と葵
鋼の高校の同級生で、よくつるんでいる。陽子は鋼の中の「武蔵」を引き出すエサとしてジャックにさらわれる。ジャックを倒した後の鋼に陽子のかけた声が、彼女を「武蔵」の発現状態から正気に戻した。
番外編としてコミックス数冊の巻末に平和だった頃のエピソードらしき話が収録されており、この2人は主にそちらに登場する。
東 邦彦(あずま くにひこ)【天草四郎時貞】
「赤い海」に属しているわけではない「寄生薬」の被験者。つまらない日常を過ごしていたある日、自分の寄生者としての能力に気付き、それを使って校内で生徒たちを次々に自死させていく。


  1. ^ 内容に前出の重機甲兵ゼノンらしきシルエットが見てとれ、表紙のファイル名も同作での形式名(?)になっている。