銭松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銭松(せんしょう、? - 1860年)は、中国清朝中期の篆刻家である。西泠後四家に加えられる。男性。

を叔蓋、は耐青・鉄廬・未道士・西郭外史。浙江銭塘の人。

略伝[編集]

金石文字に精しく漢印を2000鈕も模刻したという。趙之琛は銭松を絶賛している。胡震范禾らと交流した。 厳荄曽が『銭叔蓋・胡鼻山両家刻印』を、高邕が『未虚室印譜』をそれぞれ編集している。

出典[編集]