銭太鼓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銭太鼓(ぜにだいこ)とは、出雲地方(現在の島根県東部)に古くから伝わる民俗的なリズム楽器で、「銭の鳴る音」を利用して踊りの伴奏に使用するもの。または、演じる事そのものをさす。「銭太鼓」とは書くが、和太鼓の一種ではない。特に、島根県の伝統民謡である「安来節(やすぎぶし)」の際によく演じられる。

形状[編集]

竹筒型とタンバリン型に分けられる。「安来節」の際に用いられるのが竹筒型である。ちょうど真ん中に節目がくるように一尺程度(約30cm)の竹を切り取り、竹の両端内部にそれぞれ「穴のあいた銭(昔は文九銭、今では五円玉が主流)」を3枚ずつ「十文字になる様に」取りつけて閉じたものである[1]。更に、紅白やおめでたい色合いの毛糸状またはテープ状のフサフサを両端に装飾として付けたものが完成品である。楽器としては2本1組で使う。また、タンバリン型は主に青森県八戸市の豊年祭「えんぶり」の際に用いられている形状をしている[2]

言い伝え[編集]

1本の竹筒の中には、両端合わせて五円玉が6枚、竹筒2本を合わせると五円玉が12枚入っている。この12というの数は12ヶ月つまり1年を意味しており「1年間の幸せをもたらす」という言い伝えがある[3]

本体の素材[編集]

音を良くするために、よく乾燥している竹が使われる。特に「煤竹(すすだけ)」は最高の音を出し非常に高価である。また、昨今は竹の替わりに「ポリエチレンパイプ」や「紙パイプ」なども使われている。

脚注[編集]

  1. ^ 穴のあいた銭を数枚、十文字になる様に取りつけた写真 - 取り付け済みの断面画像。
  2. ^ 八戸えんぶり写真 - 前列3人の子供達が手に持っている。
  3. ^ 銭太鼓ってご存知? - 文章の中ほどに記載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]