銃器対策レンジャー部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銃器対策レンジャー部隊(じゅうきたいさくレンジャーぶたい)は、警視庁第七機動隊に設置されている部隊である。

概要[編集]

銃器対策レンジャー部隊は、篭城事件における高所からの突入や、ヘリコプターからの降下による犯人制圧を主要な任務としている。また、銃器対策部隊と同様に、ハイジャック事件やテロ事件などが発生した際には、特殊部隊(SAT)の支援部隊として活動する。

部隊の前身は、警視庁第七機動隊第1中隊レンジャー小隊である。同小隊は、1972年に発生した「あさま山荘事件」に出動している。また、ロープ降下の技能を有しているため、山岳救助任務を兼任していた。

その後、2001年日韓ワールドカップ警備などで部隊の出動数が増加したことから、レンジャー小隊は4個小隊に拡充された。この拡充により、山岳救助部隊と篭城事件における犯人制圧部隊は分割され、4個小隊のうち、2個小隊を山岳救助レンジャー部隊とし、2個小隊を銃器対策レンジャー部隊とした。

銃器対策レンジャー部隊は、機関けん銃ドイツH&K社製MP5)や、特殊閃光弾などを装備している。また、使用車両として特型警備車を保有している。

また、2008年11月20日に、陸上自衛隊第1師団警視庁千葉県警察が、陸上自衛隊練馬駐屯地において、武装工作員などへの対処を想定した共同実動訓練を行った。この訓練には、銃器対策レンジャー部隊や千葉県警察の銃器対策部隊などが参加した。

関連項目[編集]