銀錠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小型銀錠

銀錠(ぎんじょう)とは、20世紀前期まで中国において用いられていた秤量貨幣の形態を取る銀貨

単位は重量単位と同じ(「銀両」)であり、その英語表記よりテール(tael)と呼ばれた。なお、日本では銀錠がの形をしていることから、馬蹄銀(ばていぎん)と呼ばれ広く用いられているが、実際には明治期日本人が名づけたものとされ、実際には多種多様の形式の銀錠が存在し、中国においても馬蹄銀の名称はほとんど用いられてはいなかった。

灰吹法の導入により16世紀中頃より南米のポトシ銀山、日本の石見銀山などで銀の産出が著しく増大し、ポトシ銀山の銀はヨーロッパを通じて、日本の銀は生糸貿易の対価として中国に多量に輸入されるようになった[1]。日本では産銀は一旦丁銀に鋳造され、長崎において銀錠に吹き直されて多量に中国へ流出した[2]

材質は南鐐(なんりょう)と呼ばれる純に近い良質の灰吹銀であり、量目は1両(37グラム)から50両(1865グラム)程度と大小様々なものが存在する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 『輝きふたたび 石見銀山展』島根県立古代出雲歴史博物館、石見銀山資料館、2007年
  2. ^ 田谷博吉 『近世銀座の研究』 吉川弘文館、1963年