銀河中心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銀河系の銀河核

銀河中心[1][2](ぎんがちゅうしん)は、銀河の中心、特に天の川銀河の中心部のこと[2]いて座の方向、7 - 8キロパーセクの所にある最も明るい部分が銀河中心である。星間ガスやチリによって、銀河中心を視認したり、紫外線軟X線で分析することはできない。銀河中心の観察には、ガンマ線硬X線赤外線サブミリ波電波波長が使われる[2]

複雑な電波を放射しているいて座A*は、ほとんど銀河中心にあり、強力で多種多様にわたる電波を発している。多くの天文学者は、これを超大質量ブラックホールであると考えている[2]

出典[編集]

  1. ^ 『文部省 学術用語集 天文学編』日本学術振興会、1994年11月15日、増訂版、27頁。
  2. ^ a b c d 銀河中心”. 東京大学大学院理学系研究科・理学部. 東京大学. 2021年4月6日閲覧。