鉛中毒予防規則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鉛中毒予防規則
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 鉛則
法令番号 昭和47年9月30日労働省令第37号
効力 現行法令
種類 労働法
主な内容 鉛の安全基準を規定
関連法令 労働安全衛生法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

鉛中毒予防規則(なまりちゅうどくよぼうきそく、昭和47年9月30日労働省令第37号)は、鉛の安全基準を定めた厚生労働省令である。

労働安全衛生法に基づき定められたものである。

本規則は次のような構成になっている。

  • 第1章 総則(第1条―第4条)
  • 第2章 設備(第5条―第23条)
  • 第3章 換気装置の構造、性能等(第24条―第32条)
  • 第4章 管理
    • 第1節 鉛作業主任者等(第33条―第38条)
    • 第2節 業務の管理(第39条―第42条)
    • 第3節 貯蔵等(第43条・第44条)
    • 第4節 清潔の保持等(第45条―第51条)
  • 第5章 測定(第52条―第52条の4)
  • 第6章 健康管理(第53条―第57条)
  • 第7章 保護具等(第58条・第59条)
  • 第8章 鉛作業主任者技能講習(第60条)
  • 附則