鉄-クロム-コバルト磁石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鉄-クロム-コバルト磁石(てつ-クロム-コバルトじしゃく、Fe-Cr-Co磁石)は、クロムコバルトを主成分として鋳造した磁石鋳造磁石)である。1971年日本東北大学の金子によって開発された。延性展性があるため、薄板や細線への加工も可能である。