鉄眼道光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鉄眼道光
1630年 - 1682年
瑞龍寺境内鉄眼禅師荼毘処碑.JPG
鉄眼禅師荼毘の地
諡号 宝蔵国師
生地 肥後国益城郡守山村
宗派 臨済宗黄檗派
寺院 瑞龍寺
三宝寺
木庵性瑫
著作 『鉄眼禅師仮名法話』

鉄眼道光正字: 鐵眼道光(てつげん どうこう、寛永7年1月1日1630年2月12日) – 天和2年3月20日1682年4月27日))は、江戸時代前期の黄檗宗禅僧諡号宝蔵国師肥後国益城郡守山村(後の下益城郡南部田村、現・熊本県宇城市小川町南部田)の生まれ。最初、徹玄と号していた。

生涯[編集]

佐伯浄信という守山八幡宮社僧を父として生まれる。

当初は、父の影響で浄土真宗を学んだ。出家(13歳時)の師は、浄土宗僧侶の海雲である。が、本願寺宗徒では才徳がなくとも寺格の高下によって上座にあることを潔しとせず、1655年明暦元年)隠元隆琦に参禅して禅宗に帰依し、隠元の弟子木庵性瑫の法を嗣いだ。後、摂津国難波村瑞龍寺を開建[1]1674年延宝2年)に、肥後国益城郡守山村に三宝寺を創建。

また宇治萬福寺京都府宇治市)山内に大蔵経保管のため宝蔵院を開いたほか、金禅寺大阪府豊中市)、海蔵寺東京都港区北青山)など7か寺を開いた[2]

畿内の飢えに苦しむ住民の救済にも尽力し、1度は集まった蔵経開版のための施財を、惜しげもなく飢民に給付し尽くした。しかも、そのようなことが、2度に及んだという[1]。鉄眼の主著である『鉄眼禅師仮名法語』[3]は、元来はある女性に向けて法を説いたものであった。『仮字法語』はわかりやすく平明な表現で仏教の真理を説き明かした、仏教の最良の入門書と言える。 終生、法嗣をたてず、弟弟子に当たる宝洲に寺を付嘱した。その奇特な行ないによって、『近世畸人傳』巻2に立伝されている。

黄檗版大蔵経(鉄眼版)[編集]

1664年寛文4年)に『大蔵経』を刊行することを発願し、1667年(寛文7年)には全国行脚を行って施材を集めた。上述の事情によって、2度まで断念したが、3度目にしてようやく施財を集めることを得、京都の木屋町二条の地に印経房(のちの貝葉書院)を開設し、1668年(寛文8年)に中国の万暦版を基に覆刻開版し、1678年延宝6年)に完成させた。1,618部7,334巻。後水尾法皇に上進した。この大蔵経は黄檗版大蔵経または鉄眼版と呼ばれている。万暦版の覆刻ではあるが、行間に界線は彫られていない。その版木は、後世まで黄檗山の宝蔵院に収蔵され、貝葉書院を通じて、求めに応じて摺印が行なわれ続けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『近世畸人伝』33頁
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典27 大阪府』角川書店、1983年、650-651頁
  3. ^ http://d.hatena.ne.jp/elkoravolo/20110606/1307368476

参考文献[編集]

  • 熊本県教育会下益城郡支会編 『国定教科書に現はれたる名僧鉄眼』熊本県教育会、1928年
  • 伴蒿蹊ほか著『近世畸人伝』日本古典全集刊行会、1929年
  • 片岡薫著 『鉄眼:一切経刻版に賭けた生涯』ヘラルド・エンタープライズ、1982年
  • 中嶋繁雄著、宮坂宥勝監修『日本の名僧100人』河出文庫、1993年
  • 源了圓訳著 『鉄眼 仮字法語・化縁之疏』 講談社 1982年、新版1994年

関連図書[編集]

  • 下田曲水編『肥後名僧伝』熊本県教育会、1927年、90-91頁
  • 小川町史編纂委員会編纂『小川町史』小川町役場(熊本県)、1979年
  • 熊本教育振興会『肥後の人物ものがたり』熊本教育振興会事務局、1988年

外部リンク[編集]