鉄の狼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鉄の狼リトアニア語: Geležinis vilkas)は、1927年アウグスティナス・ヴォルデマラスにより設立されたリトアニアファシズム運動。「鉄の狼」という名称は、リトアニアを舞台にしたアダム・ミツキェヴィチの物語詩『パン・タデウシュポーランド語版 Pan Tadeusz』の中に登場する、ゲディミナスが見た夢に由来する[1]

鉄の狼の活動はヴォルデマラスら愛国者の警護から始まり、ヴォルデマラスの政敵を狙うようになった[2]アンタナス・スメトナ大統領は少数民族や政治的腐敗に寛容すぎると考えていた鉄の狼のメンバーは、彼に対する不満を募らせており、「弱腰すぎる」と批判していた[3]。対するスメトナは1930年に鉄の狼の活動を禁止した。鉄の狼は、その後も地下活動を継続。1934年、鉄の狼のメンバーがスメトナ大統領に対してクーデターを試みた[2]。ヴォルデマラスは逮捕され、1938年に釈放されたが彼はその後すぐ海外へと移住した。その後第二次世界大戦中にリトアニアナチス・ドイツに占領されたが、鉄の狼のメンバーの多くがドイツ当局に協力した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Timothy Snyder. The Reconstruction of Nations: Poland, Ukraine, Lithuania, Belarus, 1569-1999. New Haven: Yale UP, 2003: 78. ISBN 0-300-10586-X
  2. ^ a b Stanley G. Payne, A History of Fascism: 1914-1945, London: Routledge, 2001, p. 341
  3. ^ カセカンプ, アンドレス 『バルト三国の歴史:エストニア・ラトヴィア・リトアニア 石器時代から現代まで』 小森宏美、重松尚訳、明石書店2014年、188頁。ISBN 9784750339870

外部リンク[編集]