鈴鹿俊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴鹿 俊子(すずか としこ、1909年9月18日 - 2008年2月20日)は、日本の歌人随筆家川田順後妻。本名・川田俊子。

来歴[編集]

京都生まれ。同志社女子専門学校(のち同志社女子大学)中退。17歳のとき、家に下宿していた京都帝国大学経済学部教授の中川与之助と結婚、3子をもうける。中川は苦学から身を起こして帝大教授となった人物であったが、結婚生活は幸せなものではなかった。

1942年、吉沢義則主宰の歌誌「ハハキギ」に入会。1944年に川田順に出会い、師事して頻繁に出入りするようになるうちにやがて恋へと発展した。1948年、川田は苦しんで自殺未遂を起こし、当時産経新聞記者だった司馬遼太郎が記事にし、川田が俊子に贈った恋歌の一節「墓場に近き、老いらくの恋は怖るる何ものもなし」からとって、「老いらくの恋」として世間を騒がせる[1]公職追放に遭っていた中川は離婚を承諾し、俊子は1949年に川田と再婚した。以降は、川田俊子の名義で著作活動を行うこともあった。女人短歌会会員であった。

著書[編集]

  • 『宿命の愛』鈴鹿俊子 実業之日本社 1949
  • 『虫 鈴鹿俊子歌集』白玉書房 1956
  • 『女のこころ』鈴鹿俊子 春秋社 1964
  • 『女性の愛の歌 「万葉集」-「みだれ髪」』川田順、川田俊子 協同出版 1966
  • 『随筆死と愛と』川田俊子 読売新聞社 1970
  • 『黄昏記 回想の川田順』鈴鹿俊子 短歌新聞社 1983
  • 『素香集 歌集』鈴鹿俊子 石川書房(女人短歌叢書) 1986
  • 『鈴鹿俊子歌集 「素香集」とその後』芸風書院(日本現代歌人叢書) 1987
  • 『夢候よ』鈴鹿俊子 博文館新社 1992

脚注[編集]