鈴木隆 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 隆(すずき たかし、1919年8月12日 - 1998年1月25日)は、日本の児童文学作家。

岡山県生まれ。早稲田大学文学部卒。 早大童話会経由で坪田譲治に師事して童話作家となる。1966年に刊行した自伝的長編『けんかえれじい』が鈴木清順によって映画化され、この作で有名になる。

著書[編集]

  • 鼻が逃げだした話 ゴーゴリ(訳)国民図書刊行会 1948
  • マッチのバイオリン 日本の創作童話 理論社 1961
  • まほうの童話集 三十書房 1961(たのしい幼年童話)
  • 忍術八郎ざの冒険 理論社 1964(ジュニア・ロマンブック)
  • はやかご次郎助 実業之日本社 1965
  • けんかえれじい 理論社 1966 のち角川文庫、岩波現代文庫
  • キャプテンはうそつき虫 学習研究社 1969(新しい日本の童話シリーズ)
  • ライオン堂はお昼ねちゅう 学習研究社 1969 のち偕成社文庫
  • はらまき大砲 国土社 1986.9(現代の文学)