鈴木隆輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 隆輔(すずき りゅうすけ、1972年4月3日 - )は、日本のアニメーションクリエイター、ディレクター。岡山県出身。主にFLASHによるアニメーションの制作を手がける。

来歴・人物[編集]

島根大学法文学部卒業後、ミサワホームに就職するが、漫画家になりたいという理由から退職。その後、29歳で講談社アフタヌーンで漫画家としてデビューするも連載を取るに至らず、なりゆきでFLASHクリエイターになるという経歴を持つ。

初期のDLEのメンバーとして、『THE FROGMAN SHOW』 TVシリーズの6話から作画スタッフとして参加。ほどなくして諸般の事情によりフリーに転向し、主にDLEの下請けとして作品を作る。 テレビ東京系「ファイテンション☆スクール」「ファイテンション☆テレビ」などで、多くのショートアニメを制作。 2009年4月より、吉田戦車原作の『伝染るんです。』アニメ版(監督 まんきゅう)の作画監督を務める。

硯九介としての活動[編集]

プライベートな創作活動の際には漫画家時代のペンネーム、硯 九介(すずり きゅうすけ)を使っている。代表作はトイザらスの公式サイトで連載されていた、実家で飼っていたゴールデンレトリーバーの実録アニメ、『だめぺん』や『宇宙公務員ピンチさん』などがある。

『だめぺん』は現在トイザらスの公式動画サイトが閉鎖されてしまったため、閲覧不能の状態にある。  ※現在 本人のサイト アトリエ・キュービーにて公開されている。

作品[編集]

外部リンク[編集]