鈴木重吉 (英文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木重吉(すずき じゅうきち、1916年9月14日 - 2002年11月30日)は、アメリカ文学者

北海道利尻島出身。1945年広島文理科大学卒、北海道庁通訳官、小樽商業学校教諭、札幌文化専門学院(現・札幌学院大学)教師、1947年北海道帝国大学文学部助手、1949年北海道大学法学部講師、1951年同文学部講師、1952年助教授、1965年「ホーソーン研究」で立教大学文学博士。1968年教授、1980年定年退官、名誉教授、立正大学教授、1986年定年退職。1992年秋、勲三等旭日中綬章受勲。

著書[編集]

  • 『鏡と影 ホーソーン文学の研究』 研究社出版、1969

共編著[編集]

  • 『英語ニューハンドブック問題集』 小林敬爾,棚橋俊介共編、研究社出版、1970
  • 『ハイフン付きアメリカニズム』 小川晃一共編、木鐸社、1981
  • 『綜合講義アメリカ』 石垣博美、小川晃一、大山綱夫、司馬正次共著、木鐸社、1982

翻訳[編集]

参考[編集]