鈴木重令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 重令(すずき しげよし、1940年昭和15年)6月15日[1] - 2007年平成19年)5月1日[2])は、昭和時代後期から平成時代の政治家青森県三沢市長

経歴[編集]

青森県上北郡三沢村(現在の三沢市)に生まれる[1]日本大学法学部を経て、同大大学院法学研究科公法学を修了する[1]柴田女子高等学校教諭、東北女子大学専任講師、同大学助教授兼学務課長を経て、1976年(昭和51年)三沢市議会議員に当選。1979年(昭和54年)より青森県議会議員を務め、1987年(昭和62年)三沢市長に就任した[1]

任期中の2007年平成19年)5月1日肺炎と消化管出血のため三沢市内の病院で死去した[2]

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 東奥日報社 2002, 917頁.
  2. ^ a b 鈴木重令氏死去/青森県三沢市長”. 四国新聞社 (2007年5月1日). 2019年11月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 東奥日報社 編 『青森県人名事典』 東奥日報社、2002年。ISBN 4885610656