鈴木邦彦 (神経化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 邦彦(すずき くにひこ、1932年2月5日 - )は、日本神経化学者 ・神経内科医。東京都出身。日本学士院会員。

先天性代謝異常のスフィンゴリピドーシスに関する研究で世界をリードした。クラベ病の病因酵素の異常を発見、疾患モデルマウスを作出した。東京大学医学部卒業[1]アルバート・アインシュタイン医科大学等を経て、ノースカロライナ大学チャペルヒル校神経科学センター名誉センター長・名誉教授。2002年日本学士院賞受賞。2008年日本学士院会員。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.372

関連項目[編集]