鈴木邦彦 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 邦彦(すずき くにひこ、1957年8月13日- )は、日本政治家東京都多摩市長(1期)、多摩市議会議員(3期)を歴任した。

来歴[編集]

東京都港区生まれ[1]1981年法政大学法学部卒業。伊藤公介衆議院議員の秘書を経て、1983年新自由クラブ公認で多摩市議会議員に初当選。以後、3期連続当選するが、1995年の市議選では落選した。その後は旅行会社役員を経て、1999年市長に初当選を果たすが、2002年2月23日産業廃棄物処理業者から800万円を受け取った収賄の容疑[2]逮捕され、3月4日付で市長を引責辞任[3]10月2日東京地方裁判所懲役3年、執行猶予5年、追徴金1200万円の有罪判決が下った。

2009年第45回衆議院議員総選挙で初当選した民主党神山洋介衆議院議員神奈川県第17区選出)の政策担当秘書に就任した[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年多摩市長選挙過程の実際
  2. ^ 多摩市長、産廃業者から800万円収賄の疑い”. 朝日新聞 (2002年2月23日). 2010年7月31日閲覧。
  3. ^ 多摩市長辞職 出直し市長・市議補選”. 多摩ニュータウンタイムズ (2002年2月15日). 2010年7月31日閲覧。
  4. ^ 『国会議員要覧』(2010年、国政情報センター)14頁
  5. ^ 「お知らせ!」

外部リンク[編集]


先代:
臼井千秋
Flag of Tama, Tokyo.svg 東京都多摩市長
第16代:1999年 - 2002年
次代:
渡辺幸子