鈴木貴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき たかひこ
鈴木 貴彦
プロフィール
愛称 たかひこくん スズタカ
出身地 日本の旗 日本 東京都練馬区
生年月日 1980年10月26日(41歳)
最終学歴 文教大学卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 甲府秋田(-2012)→函館(2012‐2014)→札幌(2014‐2018)→釧路(2018-2020)→東京アナウンス室(2020-)
活動期間 2003年 -
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
その他 秋田放送局で地上デジタル放送推進大使

鈴木 貴彦(すずき たかひこ、1980年10月26日 - )は、NHKアナウンサー

人物[編集]

東京都練馬区出身[1]東京都立西高等学校を経て、文教大学教育学部を卒業後、2003年(平成15年)4月に入局[2]

嗜好・挿話[編集]

  • FM放送局のブログに拠れば、北海道函館への異動は本人の希望によるもので[3]函館、札幌、釧路と北海道に8年間勤務。北海道の他、東北地方等を加えると、地方勤務が17年間続いた。
  • 趣味はクローズアップマジック、心理分析など[4]
  • 秋田放送局では、地上デジタル放送推進大使を務めた[5]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

甲府放送局時代(2003年度 - 2009年度)
秋田放送局時代(2010年度 - 2011年度)
  • ニュースこまち(2010年3月23日~2011年12月28日)
  • 秋田のニュース
  • ニュース845あきた
  • 第9回 冬・北国からのコンサート(司会・2010年2月27日)
  • あきた☆よる金
  • AKITA アニソン大運動会(2010年12月31日)
函館放送局時代(2012年度 - 2014年7月)
  • ネットワークニュース北海道(道南バージョン・不定期)
  • 北海道道南のニュース
  • うまいッ!(2012年9月16日、2014年7月27日) 
  • もぎたて!北海道 -2012年12月号『まもなく100周年!函館市殿の魅力』(2012年12月5日)
  • NHKジャーナル(2012年12月10日)
  • あさイチ 
    • 『JAPAなび 北海道・函館』(2012年12月14日) 
    • 『JAPAなび 函館と大沼&ピカピカ日本総集編』(2013年12月25日)
  • ひるブラ(2013年10月7日、年10月8日)
  • 高専ロボコン2013『北海道地区大会』(2013年12月10日)
札幌放送局時代(2014年8月 - 2017年度)
釧路放送局時代(2018年度 - 2020年8月) 
東京アナウンス室時代(2020年9月 - )
  • NHKきょうのニュースラジオ第1)キャスター(土曜・日曜・祝日、2020年9月5日 - 2021年3月21日)
  • NHKニュース - ラジオ正午ニュース キャスター (ラジオ第1)(土曜、日曜、祝日)(2020年9月5日 - 2021年3月21日)
  • NHKニュース - ラジオニュース(水曜夜 - 木曜朝、土曜・日曜午後担当)(2020年9月5日 - 2021年3月25日)
  • 新潟のニュース(応援要員・2020年12月)
  • 新潟ニュース845(応援要員・2020年12月)

同期のアナウンサー[編集]

出典[編集]

  1. ^ キャスター・アナウンサー紹介”. 日本放送協会 NHK甲府放送局 よってけし!(2004年10月11日時点のアーカイブ). 2020年11月4日閲覧。
  2. ^ NHK全国アナウンサー名鑑『NHKウィークリーステラ』
  3. ^ 807ブログ”. 807ブログ (2012年11月9日). 2021年3月20日閲覧。
  4. ^ マジシャンアナウンサー 東京アナウンス室information”. NHKアナウンス室. 2021年1月24日閲覧。
  5. ^ 秋田県地上デジタル放送推進大使公式ホームページ
  6. ^ 当時夏季休暇中の平日MCの高瀬耕造の代理を、ニュースリーダーの岩野吉樹が担当し、岩野の代理を、佐藤克樹が担当したことによる措置。
  7. ^ 臨時ネットされたため

外部リンク[編集]

先代:
松田利仁亜
ニュースこまち 3代目キャスター
鈴木貴彦 2010年3月 - 2012年3月
次代:
高橋康輔
先代:
伊林毅暁
NHKきょうのニュース 7代目土日祝日・年末年始メインキャスター
鈴木貴彦 2020年9月5日 -
次代: