鈴木貢父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
鈴木貢父
時代 江戸時代中期-後期
生誕 享保17年8月6日1732年9月24日
死没 文化5年8月22日1808年10月11日
別名 鈴木主税、新蔵、倉部先生
墓所 岩手県盛岡市報恩寺
幕府 江戸幕府
盛岡藩儒医
氏族 小屋瀬鈴木家
父母 父:鈴木助十郎
兄弟 喜右ェ門、貢父、など
前妻・三好氏の娘
後妻遠藤氏の娘
重之、娘、娘、娘

鈴木 貢父(すずき こうふ)は、江戸時代中期から後期にかけての日本の儒者藩医小屋瀬鈴木家の一族。現在の岩手県葛巻町小屋瀬に生まれ、盛岡藩初の儒医となった。

略歴[編集]

鈴木貢父は、葛巻町小屋瀬の鈴木助十郎の六男として享保17年(1732年)8月6日に生まれた。兄の鈴木喜右ェ門の次男に、絵画文学に秀でた鈴木伝七(耕水)がいる。貢父は初め主税、後に新蔵と称し、諱は歛であった。

宝暦12年(1762年)に京都に遊学して香川南洋の教えを受け、寛政8年(1796年)から盛岡藩初めての儒医(儒者藩医を兼ねる)として仕えた。師の南洋に習い束髪帯刀姿とし、医学の専門家として本道(内科)を得意とした。著書に「治国法言」「儒医苗字帯刀御免創始由来記」などがあり、政治に関心があった。妻ははじめ三好氏の娘、後に遠藤氏の娘で、子は三好氏との間に重之など1男3女があった。

文化5年(1808年)8月22日に77歳で病没し、盛岡市の報恩寺に葬られた。

参考文献[編集]

  • 葛巻町誌編纂委員会『葛巻町誌〈一巻〉』1987年。
  • 葛巻町誌編纂委員会『葛巻町郷土史年表』2005年。
  • 藤岡一雄『くずまき歴史散歩』。

関連項目[編集]