鈴木豊 (フランス文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 豊(すずき ゆたか、1926年7月5日 - 2001年3月15日)は、日本のフランス文学者、翻訳家、早稲田大学名誉教授。

人物・来歴[編集]

東京府八王子市の商家に生まれる。1950年早稲田大学文学部仏文科卒、大学院に進み、佐藤輝夫の指導を受ける。1952年同副手、1954年商学部非常勤講師、1955年専任講師、1958年助教授、1963年教授。専門はフランス古典演劇だが、多く通俗小説を翻訳し、須賀慣の筆名でポルノ小説も翻訳した。これはモリエールの「スガナレル」をもじったものである。1997年定年。2001年、膀胱がんのため74歳で死去。

著書[編集]

  • 『フランス語の基礎』(研数書院 1968年)
  • 『西洋の故事』(潮出版社・潮新書 1971年)
  • 『歴史パズル』(ベストセラーズ(ワニの豆本)1981年)
  • 『二年生の新フランス語文法読本 改訂版』(駿河台出版社 1983年)
共著
  • 『フランス基本語応用辞典』(伊藤洋共著 研数書院 1973年)

翻訳[編集]