鈴木茂 (医学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 茂
(すずき しげる)
生誕 鈴木 茂
(すずき しげる)
1948年生まれ
日本の旗 日本東京都
居住 日本の旗 日本
ドイツの旗 ドイツ
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神病理学
研究機関 名古屋市立大学医学部
マールブルク大学医学部
出身校 名古屋市立大学医学部医学科
医学博士名古屋市立大学1984年
プロジェクト:人物伝

鈴木 茂(すずき しげる、1948年 - 2013年)は、日本医学者精神科医。専門は精神病理学医学博士[1]

来歴[編集]

東京生まれ。1973年東北大学医学部卒業。岩手県立南光病院勤務、1975年名古屋市立大学医学部精神科に入局、1984年「成人境界例の記述精神病理学的研究」で名古屋市立大学医学博士八事病院勤務ののち、1985年西ドイツ・マールブルク大学精神科客員研究員、1987年静岡県西部浜松医療センター精神科科長。2007年より楽メンタルクリニック院長[2]。2013年没。

著書[編集]

  • 『境界事象と精神医学』岩波書店 叢書・精神の科学 1986
  • 境界例vs.分裂病 言語と主観性の臨床精神病理学』金剛出版 1991
  • 『境界事象と精神医学』岩波書店 1999
  • 人格障害とは何か』岩波書店 2001
  • 『人格の臨床精神病理学 多重人格・PTSD・境界例・統合失調症』金剛出版 2003
翻訳

出典[編集]

  1. ^ 鈴木茂. “成人境界例の記述精神病理学的研究”. 国立国会図書館. 2015年3月31日閲覧。
  2. ^ 『人格の臨床精神病理学』著者紹介

関連人物[編集]

関連項目[編集]