鈴木翁二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鈴木 翁二(すずき おうじ、1949年 - )は、日本漫画家ミュージシャン愛知県西尾市一色町出身。北海道日高支庁浦河郡浦河町在住。別ペンネームはカルメ・コウチ。「ガロ」等で活躍した漫画家。安部慎一古川益三と並び、「ガロ三羽烏」と称される漫画家の一人。漫画家の森雅之は義弟。

来歴・人物[編集]

少年時代は漫画に傾倒し、1967年に上京して漫画を描き始める。1969年に『眼球譚』がガロに入選するが、掲載される事はなかった。同年11月に『庄助あたりで』でガロにてデビュー。 その後水木しげるアシスタントを1年間務めた。学生運動が盛んだった1970年代頃から熱烈な支持を受けるようになる。

近年は寡作になりつつあるが、「夜行」などに連載していた、過去の多数の未掲載作品が単行本化されたりしている。 つげ義春に大きな影響を受けている。 代表作に映画化された『オートバイ少女』など。

作品リスト[編集]

その他[編集]

  • 夕凪戦線8月号(監督)
  • アンモナイトのささやきを聞いた(出演)

交友など[編集]