鈴木絢女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 絢女
(すずき あやめ)
生誕 鈴木 絢女
(すずき あやめ)
日本の旗 日本
神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 政治学
国際政治学
研究機関 同志社大学
福岡女子大学
出身校 慶應義塾大学法学部
東京大学大学院総合文化研究科
プロジェクト:人物伝

鈴木 絢女(すずき あやめ 1977年-)は、日本の国際政治学者同志社大学法学部准教授専攻東南アジアの開発と民主主義に関する研究。神奈川県横浜市出身。

来歴[編集]

1977年横浜生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、東京大学大学院総合文化研究科修土課程に入学。2008年に博士(学術)の取得。日本学術振興会特別研究員、マレーシア国立マラヤ大学ポスドク・フェローの後、福岡女子大学講師時代を経て、2014年度より現職。

著書[編集]

  • 『〈民主政治〉の自由と秩序―マレーシア政治体制論の再構築』(京都大学学術出版会、2010年)
  • 『学問キャリアの作り方』共著(大学教育出版、2014年)

論文[編集]

  • 「現代マレーシアの政治体制--1971年憲法(改正)法案をめぐる政治過程 」『国際関係論研究』(2005年)
  • 「マハティール政権下のマレーシア--「イスラーム先進国」をめざした22年」『国際政治』(2008年、共著)
  • 「マレーシアにおける結社の自由の制限と協議的政治過程」『東南アジア学会会報』(2008年)
  • 「「新経済モデル」に向けた経済,行政,対外関係の刷新」『アジア動向年報』(2011年)
  • 「政府主導の漸進的政治改革と高所得国家入りへの不確かな道程」『アジア動向年報』(2012年)

外部リンク[編集]