鈴木純一郎 (工業経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 純一郎(すずき じゅんいちろう、1868年明治元年)8月 - 没年不詳)は、日本の工業経済学者、社会政策学者、社会問題研究者、東京(高等)工業学校講師。筆名に牛台牛台山人がある。

来歴・人物[編集]

1868年(明治元年)8月、陸中国胆沢郡真城村にて生まれる[1]

岩手県師範学校、外国語学校を経て経済学を学び[1]1895年(明治28年)9月から東京工業学校において工業経済、工業簿記の講師となる[2][注釈 1]

1896年(明治29年)4月26日社会政策研究会(後の「社会政策学会」)の創立に参加する[4][5]

1897年(明治30年)4月、和田垣謙三と共に経済学攻究会を立ち上げる[6]。同年8月1日に開催された労働組合期成会の期成会第一回月次会において佐久間貞一らと共に評議員に選ばれる[4][7][8]。同年12月、鉄工組合結成に尽力する[4]

1898年(明治31年)6月、東京工業学校を退職[2]。同月から農商務省の命により商業視察のため2年間アメリカ合衆国イギリス留学し、ロンドン大学ケンブリッジ大学で経済学や工業史等を研究する[1][4][注釈 2]

1899年(明治32年)11月に発会した活版工組合の名誉賛成員となる[10]

1900年(明治33年)11月、東京工業学校に戻り、再び工業経済を教える[2]

1901年(明治34年)10月、第3回東京商業学会大会講演会で「銀行検査法に就て」という題目で講演する[11][12]

1904年(明治37年)2月24日阪井徳太郎と共に金子堅太郎の随行員として米国船サイベリア号に乗船して横浜港を発ち、3月11日にサンフランシスコ港に着く[13]血の日曜日事件以降、ロシア国内の社会情勢に注目した金子堅太郎の命により、ロシア自由友誼会などを通して米国内のロシア人の動向や母国観、日露戦争観などを調査する[14][注釈 3]

1906年(明治39年)10月9日、東京毛織物株式会社の発企人総会の創立委員となり、同年11月27日創立の東京毛織物株式会社の常務取締役となる[16]

1909年(明治42年)7月27日、日本工業協会の会員総会において評議員に選ばれる[17]

1911年(明治44年)9月、東京高等工業学校を退職する[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『国民要意 内地雑居心得』袋屋書店、1894年6月。NDLJP:785711
  • 『日清韓対戦実記』東生書館、1894年8月。NDLJP:773892
  • 『清国征伐軍歌』弘文館、1894年9月。

編著[編集]

  • 『日清戦争 軍人名誉忠死列伝』尚古堂・弘文館、1894年11月。NDLJP:773984
  • 『帝国軍人文鑑』辻本尚古堂、1895年4月。NDLJP:843147

校閲[編集]

  • 『土佐日記釈義』館森鴻編、尚栄堂・尚古堂、1896年4月。NDLJP:888831

翻訳[編集]

  • クラウヂャス・ビー・パッテン『銀行事務』鈴木純一郎・池部駒男訳、大倉書店、1899年11月。NDLJP:800421
    • クラウヂャス・ビー・パッテン『銀行事務』鈴木純一郎・池部駒男訳、大倉書店、1902年3月、訂正増補第四版。NDLJP:800422

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 工業簿記を担当したのは1897年度のみ[3]
  2. ^ 留学中に王立統計学会会員、王立経済学会会員となる[9]
  3. ^ その調査結果に基づき、1905年(明治38年)2月14日に金子堅太郎は報告書を桂太郎総理大臣及び小村壽太郎外務大臣に送る[15]

出典[編集]

  1. ^ a b c 日本力行会 1903, p. 954.
  2. ^ a b c d 東京工業大学 1940, p. 1109.
  3. ^ 『東京工業学校一覧 従明治三十年 至明治三十一年』東京高等工業学校編、東京工業学校、1897年12月6日、8頁。NDLJP:813041/107
  4. ^ a b c d 岡崎 1997, p. 49.
  5. ^ 高野岩三郎「『社会政策学会』創立の頃=私の最初の外遊まで=」『帝国大学新聞』帝国大学新聞社、1935年12月4日、6-11面。
  6. ^ 山崎 1936, pp. 411-412.
  7. ^ 松尾 1993, p. 771.
  8. ^ 池田信「第5章 労働運動論 第二節 高野房太郎の理論 第一項 有識者論」『日本社会政策思想史論』東洋経済新報社、1978年3月、131-134頁。
  9. ^ 『東京工業学校一覧 従明治三十三年 至明治三十四年』東京高等工業学校編、東京工業学校、1900年12月20日、6頁。NDLJP:813042/76
  10. ^ 岡崎 1997, pp. 49-50.
  11. ^ 岡崎 1997, p. 50.
  12. ^ 「つどひ」『朝日新聞』第5483号、1901年10月17日、1面。
  13. ^ 松村 1980, p. 16.
  14. ^ 松村 1980, pp. 245-246.
  15. ^ 松村 1980, p. 246.
  16. ^ 竜門社 1956, p. 766.
  17. ^ 「工業協会総会 ▽関税案決定▽大浦農相演説」『朝日新聞』第8241号、1909年7月29日、2面。

参考文献[編集]

  • 『現今日本名家列伝』日本力行会編、日本力行会出版部、1903年10月。NDLJP:777743
  • 山崎覚次郎『貨幣瑣話』有斐閣、1936年11月8日。NDLJP:1711953
  • 『東京工業大学六十年史』東京工業大学編、東京工業大学、1940年11月5日。NDLJP:1078935 NDLJP:1463153 NDLJP:1711727
  • 『渋沢栄一伝記資料』第10巻、渋沢青淵記念財団竜門社編、渋沢栄一伝記資料刊行会、1956年10月10日。
  • 松村正義『日露戦争と金子堅太郎』新有堂、1980年10月30日。
  • 松尾洋「ろうどうくみあいきせいかい 労働組合期成会」『国史大辞典』第14巻(や~わ)、国史大辞典編集委員会編、吉川弘文館、1993年4月1日、771頁。ISBN 9784642005142
  • 岡崎一「鈴木 純一郎 すずき・じゅんいちろう」『近代日本社会運動史人物大事典』3 す~は、近代日本社会運動史人物大事典編集委員会編、日外アソシエーツ、1997年1月20日、49-50頁。ISBN 9784816914027

外部リンク[編集]