鈴木紀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 紀夫(すずき のりお、1949年4月 - 1986年11月)は、日本冒険家千葉県市原市八幡出身。習志野市立習志野高等学校卒業。法政大学経済学部二部中退

経歴[編集]

1969年3月
主にヒッチハイクアジア各国を巡ったのち、中近東ヨーロッパアフリカ大陸に至るバックパッカーの旅に出る。
1972年12月
一時帰国。
太平洋戦争終結後も、日本の降伏を信じずに帝国軍人としてゲリラ活動を展開していた、残留日本兵小野田寛郎に逢うため、フィリピンルバング島に向かう。
1974年2月
小野田との接触に成功。ルパング島には日本語が話せる原住民が多かったため、日本語が話せるだけでは日本人と判断されなかったため、初対面の際には小野田に銃を向けられて発砲される直前だったが、毛の靴下にサンダル履きという原住民にはない珍妙なスタイルであったため、事なきを得る。別れ際に小野田の顔写真を撮影、この接触により小野田の救出が現実味を帯び、3月に小野田は日本に帰国。
かつて「パンダ・小野田さん・雪男に会うのがだ」と語っており、最後に残った「雪男発見」に情熱を注ぐ。
1975年7月
ヒマラヤダウラギリ群の南東稜コーナボン側斜面の4200m付近に5頭の類人物を望遠観察したと主張。
1978年
結婚。結婚後も定職に就くことはなかった。(喫茶店を夫婦で営んでいた)
1986年11月
ヒマラヤ・ダウラギリIV峰ベースキャンプ附近で遭難。
1987年10月7日
遺体発見。享年37。

関係者の言葉[編集]

鈴木つね子(母親)
「よかったなと思いますよ。いいじゃないですかねぇ、自分の好きなことやって」とテレビ番組で語っている[1]
小野田寛郎
鈴木の死について、「死に残った身としては淡々と受け止めているが、友人の死は残念だ」と語っている。小野田は慰霊のためにヒマラヤを訪れている。

演じた俳優[編集]

著書[編集]

参考文献[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 2008年10月11日放送『日めくりタイムトラベル 昭和49年!』(NHK BS2)より

関連項目[編集]