鈴木禎宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 禎宏(すずき さだひろ、1970年 - )は、日本の歴史学者お茶の水女子大学准教授。比較文化史専攻。

来歴[編集]

千葉県生まれ。1994年東京大学教養学科比較日本文化論卒業、1999年同大学院比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学、2001年お茶の水女子大学生活科学部専任講師、2002年バーナード・リーチの研究で博士(学術)の博士号取得、2004年助教授、2007年准教授。専攻は比較日本文化論、生活造形論。ジャポニスム学会監事

『バーナード・リーチの生涯と芸術』(ミネルヴァ書房、2006年)でサントリー学芸賞日本比較文学会賞、ジャポニスム学会賞受賞。共著に『バーナード・リーチ再考』(思文閣出版、2007年)、編著に『欧州航路の文化誌』(青弓社、2017年)がある。