鈴木石橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 石橋(すずき せっきょう、1754年宝暦4年) - 1815年4月4日文化12年2月25日))は、江戸時代後期の儒学者篤志家

下野国都賀郡(現在の栃木県鹿沼市石橋町)出身。正名は之徳、号は澤民。四郎兵衛とも称す。豪農の出身。若年時に江戸昌平黌に遊学し、帰郷後は自宅に私塾・麗澤之舎(りたくのや)を開き、蒲生君平らを育てた。貧民救済の活動を盛んに行い、貧民の妊産婦に衣服や金銭の施しを行って堕胎間引を予防したり、飢饉に備え私財を投じて米を備蓄した。天明の飢饉の際も活躍している。

後に宇都宮藩戸田忠翰に招聘されて藩儒となり、藩士の教育にもあたった。

参考文献[編集]

  • 「宇都宮藩に於ける堕胎間引の矯正と鈴木石橋」『堕胎間引の研究』中央社会事業協会社会事業研究所、1936年
  • 読売新聞栃木版 2015年12月7日 35面掲載。

外部リンク[編集]