鈴木由加里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 由加里(すずき ゆかり、1965年 - )は、日本の哲学者、評論家。専門はフランス哲学、現代文化論研究。

来歴[編集]

東京都生まれ。法政大学大学院博士課程満期退学。

著書[編集]

  • ラブホテルの力 現代日本のセクシュアリティ』廣済堂ライブラリー 2002
  • 『女は見た目が10割 誰のために化粧をするのか』平凡社新書 2006
  • 『「モテ」の構造 若者は何をモテないと見ているのか』平凡社新書 2008
共著

参考[編集]