鈴木清太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木清太郎
生誕 (1886-03-10) 1886年3月10日
日本の旗 日本 香川県
死没 (1977-03-03) 1977年3月3日(90歳没)
研究分野 農業気象
研究機関 九州帝国大学
出身校 東京帝国大学
主な受賞歴 日本気象学会 岡田賞
(1961年度)
プロジェクト:人物伝

鈴木 清太郎(すずき せいたろう、1886年明治19年)3月10日 - 1977年昭和52年)3月3日)は、日本物理学者農業気象の研究者[1]

略歴[編集]

1886年明治19年)3月10日、香川県生まれ。東京帝国大学を卒業し、欧米に留学。1925年大正14年)に九州帝国大学の教授となる[1]1942年(昭和17年)[2]から1957年(昭和32年)まで日本農業気象学会会長を務めた[1]

1961年(昭和36年)、日本気象学会岡田賞を受賞[3]

1962年(昭和37年)、日本農業気象学会 永年功労会員(フェロー)[4]

1977年(昭和52年)3月3日、死去。90歳没[1]

著書[編集]

  • 『農業物理学』(養賢堂、1942年2月)
  • 『農業気象学』(養賢堂、1951年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 鈴木清太郎”. コトバンク. 2011年12月16日閲覧。
  2. ^ 日本農業気象学会の理念”. 日本農業気象学会. 2011年12月16日閲覧。 によると日本農業気象学会の設立は「昭和17年」となっている。
  3. ^ 岡田賞 歴代受賞者一覧”. 日本気象学会. 2011年12月16日閲覧。
  4. ^ 永年功労会員(日本農業気象学会フェロー)名簿 (PDF)”. 日本農業気象学会. 2011年12月16日閲覧。